カラー後はいつからシャンプーしていいの?おすすめシャンプーと長持ちさせる意外な秘訣を大公開

10 min 16 views

綺麗なカラーを長く楽しみたい!

髪型を変えるよりも変化が大きいカラーリングはテンションが上がります。

とはいっても、同時に以下のような悩みが出てきますよね。

  • カラー後はいつからシャンプーしていいの?
  • カラーを長持ちさせる秘訣ってある?

色落ちさせないためには、ヘアケアの知識が大事です!

この記事では、ヘアケアの知識をはじめ、カラーを長持ちさせる意外な秘訣まで紹介していきます。

「色落ちしにくいシャンプーを探している」という人に、選び方のポイントも紹介しているわ。人気のある商品をランキング形式で解説しているから、忙しい人は必見ね!

キラミ

キラミ

カラー後はいつからシャンプーしていいの?

入浴中の女性

結論から話すと、24時間経った次の日からシャンプー可能です!

髪質にもよるので出来ることなら48時間はシャンプーを控えると安心。

綺麗なカラーを長く楽しみたいのに、そもそもどうして色落ちしてしまうのでしょうか。

色落ちしてしまう原因はたったの2つです。

  • カラーの薬剤が髪から流れてしまう
  • つけた色の色素が壊されてしまう

この2つの要因でカラーの色が抜けたり、変色したりします。

薬剤が髪から流れてしまう理由

カラーリングは、薬剤でキューティクルを開かせた後、髪内部のメラニン色素を破壊します。

その後、色が無くなったメラニンに色素を入れて髪を色付けするのです。

この色素がキューティクルの隙間から抜けていくことを「色落ち」と呼ぶのですが、カラーをした当日はキューティクルが開いています。

なので、ヘアカラーした当日にシャンプーをすると色落ちしてしまうのです。

薬剤で入れた色素は髪の毛に完全に定着することはないから、髪から流れ出さないように注意することが大切よ。

キラミ

キラミ

色落ちを防ぐには、キューティクルが閉じるのを待つ必要があります。

まいこ

まいこ

キューティクルって勝手に閉じるの?

カラーの場合は約24時間で閉じるわ。だからカラーした当日はシャンプーを控えるべきなの。

キラミ

キラミ

色素が壊されてしまう理由

色素は熱に弱いのが特徴。

アイロンやコテを使うことで、キューティクルを開かせるだけではなく色素を変形させてしまいます。

一般的に130℃~150℃が髪に与えるダメージが少ないわ。普通のカラーの場合はこのくらいを目安してね。

キラミ

キラミ

ブリーチカラーの場合は、もっと低温で100℃~120℃くらいが望ましいわね。

キラミ

キラミ

さらには紫外線にも気を付けてください。

紫外線を浴びることで、色褪せが進んでしまいます。

特に濡れた髪の状態で紫外線を浴びてしまうと、より一層褪色が進むのでレジャースポーツなどで汗をかいた時は注意が必要です。

まいこ

まいこ

いろいろ気をつけることが多いのね…。

気にしなきゃいけないことは多いけど色持ちするだけじゃなくて、カラー後でもダメージの少ない綺麗な髪にすることができるわ!

キラミ

キラミ

カラー後のシャンプーの仕方と注意点

英語で注意の文字

カラーしてから24時間経過した後のシャンプーの仕方には注意が必要です。

《シャンプーするときに注意するポイント》
・熱いお湯で洗わない
・ゴシゴシこすらない
・カラー用のシャンプーを使う

熱いお湯で洗わない

髪はただでさえ熱に弱いのにも関わらず、カラー後は特に傷んでいます。

高温のお湯でシャワーを浴びることによって、キューティクルが開き色落ちの原因になってしまうので温度には気を付けましょう。

まいこ

まいこ

何度くらいがちょうどいいのかしら?

皮脂は36.5℃くらいから溶け始めるの。あまり低すぎると風邪をひいてしまうから体温よりも少し暖かい38℃がちょうどいいわ。

キラミ

キラミ

ヘアカラーをした後は色素の定着が安定していないので1週間は38℃前後のぬるま湯で洗いましょう

40℃を超えてしまうと髪が痛むので、40℃は超えないようにしてくださいね。

ゴシゴシこすらない

キューティクルはうろこ状になっていて、タケノコの皮のように何層にも重なり合っています。

なので、ゴシゴシこするとキューティクルがはがされ、色落ちの原因になるのです。

キューティクルは濡れると開く性質を持っているの。だからシャンプーするときは特に摩擦を起こさないように気を付けて!

キラミ

キラミ

シャンプーをする前にぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。

80%以上の汚れはお湯で落ちるといわれているので、ゴシゴシと髪を洗う必要はありません。

また、濃度の濃いままシャンプーを髪の毛につけてしまうと色落ちの原因になります。

シャンプーするときは、手のひらで軽く泡立ててからその泡で髪の毛を洗うといいですね。

このときにもんだり、ゴシゴシこする必要はなく、優しく髪につけるだけで十分に汚れは落ちます。

これは髪にダメージを与えない正しいシャンプーの仕方!常日頃から行うことをおすすめするわ。

キラミ

キラミ

カラー用のシャンプーを使う

カラー後はシャンプー選びも重要です。

市販で売られているシャンプーのほとんどがアルコール系シャンプーなので、洗浄力が高め。

こういったシャンプーで毎日髪を洗ってしまうと、色落ちが加速してしまいます

髪を痛める原因にもなってしまうので、まだ市販のシャンプーを使っている方はこの機会にシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか。

シャンプーを変えるだけで髪の毛もサラサラになるから、一度見直してみて!

キラミ

キラミ

カラー後のシャンプーの選び方

入浴中の女性

シャンプーは毎日使うものなので髪の毛に優しいシャンプーを使うことがオススメです。

特にカラー後はシャンプーを変えるだけで色落ちが全然違うので、選ぶときのポイントを紹介します。

《カラー後のシャンプー選びのポイント》
・洗浄力の強いものは避ける
・配合成分をチェック

洗浄力の強いものは避ける

キューティクルから色素が流れ出てしまうことが、色落ちの原因でしたね。

なので、洗浄力の強いシャンプーを避けたほうがいいのですが、洗浄力が高いシャンプーの種類は知っていますか?

以下のシャンプーは避けたほうが良いでしょう。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー

では、どのシャンプーを使用するといいのでしょうか。

私がおすすめするのは「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系のシャンプーは私たちの体と同じ弱酸性で出来ています。

まいこ

まいこ

弱酸性だと何がいいの?

キューティクルはpH8~10程度のアルカリ性になると開く性質を持っているから、弱酸性のシャンプーは色落ちしにくいの!

キラミ

キラミ

アミノ酸は髪への浸透率も高く、保湿効果もあるからカラー後のダメージを受けた髪を補修もしてくれるわ。

キラミ

キラミ

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が抑えられていますが、汚れはしっかりと落ちるので安心してください。

配合成分をチェック

ダメージを受けた髪はアルカリ性に傾いています。

なので、髪の毛にたんぱく質を補い、保湿もして髪を補修することが大切です。

そうすることで、カラー後の色持ちが全然変わってくるので、そういった成分が配合されているかチェックしましょう。

また、カラー後の薬剤が髪に残ったままだと、髪を傷めてしまうので残量薬剤を除去する成分が入っているシャンプーもおすすめです。

キューティクルを整える成分と、残量薬剤を除去する成分が入っているシャンプーを選ぶといいわね!

キラミ

キラミ

《キューティクルを整える成分》
・シクロペンタンロキサン
・ポリクオタニウム-10
・ハチミツ
・アルガンオイル
・ホホバ油など

ハチミツなどの天然成分は保湿成分も入っているから、要チェックね!

キラミ

キラミ

《残量薬剤を除去する成分》
・ヘマチン
・クエン酸
・リンゴ酸
・モモ葉エキスなど

これらの成分は髪の毛を弱酸性に整える効果も期待できるのよ!

キラミ

キラミ

カラー後のおすすめシャンプーTOP5

タオルとシャンプー

では、ここからがおすすめシャンプーのランキングです。

髪の毛に優しいアミノ酸系のシャンプーのみを厳選してランキングしました。

《シャンプー選びのチェックポイント》
・アミノ酸系のシャンプーか
・キューティクルを整える成分が入っているか
・残量薬剤を除去する成分が入っているか

1位:ケアテクトHB リペアシャンプー

シャンプー
価格内容量1ml当たりの値段
2,000円300ml6.7円

水、ココイルグルタミン酸TEA、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、BG、ジオレイン酸PEG-40水添ヒマシ油、ユズ果実エキス、ヒドロキシプロピルキトサン、メリアアザジラクタ葉エキス、メドウフォーム-δ-ラクトン、メドウフォーム油、加水分解ヒアルロン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、トレハロース、グルコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、オトギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、ココイルアルギニンエチルPCA、グリセリン、PG、PEG-20ソルビタンココエート、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム10、オキシベンソン-4、クエン酸Na、トコフェロール、EDTA-2Na、エタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

《おすすめのポイント》
・ユズ果実エキスなどの天然由来成分でキューティクルを保護
・メドウフォーム-δ-ラクトン配合
・クエン酸配合で残量薬剤を除去

ナプラの「ケアテクトHB リペアシャンプー」はカラー後の色持ちを徹底的に追求したシャンプーです。

注目したいオススメの成分は「メドウフォーム-δ-ラクトン」

《メドウフォーム-δ-ラクトンとは》
「ラクトン誘導体」とも呼ばれる成分。
髪の毛のキューティクルがはがれてしまった部分に結合して、疑似キューティクルを生成する機能がある。
シリコンによる単なるごまかしと違って、実質的にキューティクルの補修が可能。

素材だけを見ると非常にコストのかかっている贅沢なシャンプーですが、その割にお買い得でオススメです。

抗炎症成分も入っているから、頭皮に対しても嬉しいシャンプーね!

キラミ

キラミ

2位:アマトラ クゥオ ヘアバス

シャンプー
価格内容量1ml当たりの値段
2,540円400ml6.35円

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、BG、ヘマチン、フムスエキス、ココイル加水分解ケラチンK、ココイルリンゴアミノ酸Na、グリコシルトレハロース、スクワラン、ホホバ種子油、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トコフェロール、PCA、PCA-Na、ベタイン、PEG-15ココポリアミン、ポリクオタニウム-10、エチルヘキシルグリセリン、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム-72、ベヘネス-30、エチルヘキサン酸セチル、PEG-60水添ヒマシ油、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ベヘン酸、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、セタノール、乳酸Na、フェノキシエタノール、グリセリン、ステアリルアルコール、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、アルニカ花エキス、フユボダイジュエキス、スギナエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイ花エキス、カミツレ花エキス、ベルガモット果実油、レモングラス油、ライム油、レモン果皮油、香料

《おすすめのポイント》
・高配合のヘマチン、クエン酸で残量薬剤を除去
・ホホバ種子油など配合でキューティクルを保護
・カラーキープ力に特化したシャンプー

続いてご紹介するシャンプーは、鳴尾化学研究所の「アマトラ クゥオ ヘアバス」

注目したいおすすめ成分は「ヘマチン」です。

《ヘマチンとは》
残量薬剤を除去する成分の1つ。
毛髪の補強効果もあり、ボリュームを底上げすること可能。
頭皮の匂い除去も兼ね備えている成分。

カラーキープ力は抜群で、カラー後にはおすすめのシャンプーです。

「ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド」という成分が配合されているから肌の弱い人は注意が必要ね。

キラミ

キラミ

3位:Q10美容液シャンプーEX

シャンプー
価格内容量1ml当たりの値段
1,650円400ml4.15円

水、ココイルメチルタウリンNa、ココイルメチルタウリンタウリンNa、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、コカミドMEA、ラウリルグルコシド、ジステアリン酸グリコール、エタノール、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、PCA-Na、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、加水分解ケラチン(羊毛)、オリーブ果実油、ユビキノン、アセチルヒアルロン酸Na、セラミド3、水溶性コラーゲン、ユーカリ葉エキス、加水分解コンキオリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、リンゴ果実培養細胞エキス、エーデルワイスエキス、グリチルリチン酸2K、ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン、ポリクオタニウム-10、セテアレス-60ミリスチルグリコール、キサンタンガム、レシチン、ラウリン酸、ステアリルアルコール、セタノール、エチドロン酸、クエン酸、水酸化Na、グリセリン、BG、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

《おすすめのポイント》
・オリーブ果実油など配合でキューティクルを保護
・クエン酸などで残量薬剤を除去
・贅沢に6つの美容液成分を配合

カラー後のおすすめシャンプー第3位は、DHCの「Q10美容液シャンプーEX」

髪のダメージを集中補修する以下6つの美容液成分を配合。

《6つの美容液成分》
・コエンザイムQ10
・スーパーヒアルロン酸
・マリンコラーゲン
・ケラチンエキス
・ブラックパールエキス
・ユーカリエキス

カラー後の傷んだ髪にふさわしい補修成分が高配合なのがポイントよ!

キラミ

キラミ

4位:haru kurokami スカルプ

haru kurokami スカルプ
価格内容量1ml当たりの値段
3,960円400ml9.9円

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、プロパンジオール、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、セロリ種子エキス、乳酸桿菌/マテチャ葉発酵液、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、サピンヅストリホリアツス果実エキス、トコフェロール、ホップエキス、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵液、ワカメエキス、アカモクエキス、スイカズラ花エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、マテチャ葉エキス、カボス果汁、アサイヤシ果実エキス、グアバ果実エキス、コーヒー種子エキス、ビワ葉エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、センキュウ根茎エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、カミツレ花エキス、ブッソウゲ葉エキス、ヘマチン、海塩、グルタミン酸Na、グリシン、アラニン、水添ホスファチジルコリン、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、エタノール、キサンタンガム、レシチン、デキストラン、シリカ、レモン果皮油、アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、イランイラン花油、ライム油、カプリリルグリコール

《おすすめポイント》
・キューティクルを保護するライム油やレモン果皮油など配合
・残量薬剤を除去するヘマチン配合
・カラーリング後の色持ちをアップさせるマテ茶エキス配合

次におすすめするシャンプーは、haruの「kurokami スカルプ」

33種類の美容成分を贅沢に配合し、カラー後の傷んだ髪の毛も補修することができます。

まさに美容液がシャンプーになったといっても良いほど実力のあるシャンプーなのでぜひ一度使ってもらいたいシャンプーの1つです。

「リンゴ果実培養細胞エキス」による強力な紫外線ケアも期待できるシャンプーね!

キラミ

キラミ

5位:ナンバーロッカン PPTヘアケア

ナンバーロッカン PPTヘアケア
価格内容量1ml当たりの値段
4,980円300ml16.6円

水、ココイル加水分解コラーゲンK、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、グリセリン、カテキン、プラセンタエキス、アルゲエキス、カンゾウ根エキス、ヘマチン、ラウルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、PCA、PCA-Na、乳酸Na、カラメル、ポリクオタニウム-10、トレハロースヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸、ベンテト酸5Na、エチルヘキシルグリセリン、BG、エタノール、フェキシエタノール、メチルパラベン、香料

《おすすめポイント》
・残量薬剤を除去するヘマチンが高配合
・キューティクルを整えるケラチン配合
・補修成分に洗浄力を持たせた加水分解コラーゲンKが主成分

最後におすすめするカラー後のシャンプーは、「ナンバーロッカン PPTヘアケア」

注目したいのは「加水分解コラーゲンK」が主成分であること

《加水分解コラーゲンKとは》
加水分解コラーゲン自体が洗浄成分では無く、補修、保湿してくれる性質の成分でトリートメントなどに含まれるような成分。
この補修成分に洗浄力を持たせたのが「加水分解コラーゲンK」

つまりトリートメントでシャンプーをしているかのような補修しながら洗浄ができる滅多にお目にかかることのないシャンプーです。

高価な成分だから、サブ成分として配合されるのは見たことあるけど、メイン成分に配合されているシャンプーはかなり珍しいわ。

キラミ

キラミ

カラーを長持ちさせるためのヘアケアの秘訣

しーっと指を口に当てていいる女性

最後にカラーを長持ちさせるための秘訣を以下の2種類ご紹介します。

  • カラー前に出来る秘訣
  • カラー後に出来る秘訣

この2種類の注意点を守ることでカラーを長持ちさせることができます。

カラー前に出来る秘訣

カラー前にやるべきことは2つです。

・理想よりも少し暗めの色を選ぶこと
・カラー前にたんぱく質を補給すること

まいこ

まいこ

暗めの色を選択する理由はわかるけど、カラー前にたんぱく質を補給するってどういうこと?

あまりたんぱく質を補給するやり方は一般的に知られていない方法かも知れないわね。けれど効果は絶大よ!

キラミ

キラミ

少し暗めの色を選択することで色落ち後も希望の色を保つことができます。

しかし、なぜたんぱく質を補給することでカラーを長持ちすることができるのでしょうか。

これは髪内部のタンパク質が少ないと、カラー剤の色素が定着する場所がなくなって色が抜けてしまうからです。

なので、最初からたんぱく質を多く補給することでカラーは長持ちします。

食事でとるよりも「PPT配合」「コラーゲン配合」と書かれているシャンプーなどから直接髪の毛に与えたほうが効果的よ。

キラミ

キラミ

カラー後に出来る秘訣

カラー後にやるべきことは以下の3つです。

・カラーリングした当日はシャンプーしない
・カラー用のシャンプーを使う
・洗い流さないトリートメントを使う

まいこ

まいこ

紹介してもらった内容を実行すればいいのね!洗い流さないトリートメントはどうして使ったほうがいいの?

ヘアカラーをした後は髪の内部が痛んでいるから髪の毛を綺麗に保ちたいなら洗い流さないトリートメントは必須よ。

キラミ

キラミ

内部が補修されることによって、カラーは髪に定着しやすく、薬剤が髪から流れにくくなります。

カラー後のシャンプーまとめ

瓶に入ったオイル

記事のポイントをまとめます。

  • カラー後のシャンプーは24時間経ってから
  • シャンプーするときの注意点は3つ
  • ①熱いお湯で洗わない ②ゴシゴシこすらない ③カラー用のシャンプーを使う
  • シャンプー選びのポイントは2つ
  • ①洗浄力の強いものは避ける ②配合成分をチェック
  • たんぱく質を補給したり、トリートメントを使って長持ちさせることも可能

いかがでしたか?

カラーの持ちはシャンプーが重要なので、シャンプー選びは再度見直すことをおすすめします。

是非この記事を参考にして、ヘアケアしてみてください!

関連記事