脱毛の痛みはどのくらい?痛みを感じやすい部位や痛みを軽減する方法とは

4 min 28 views

脱毛に興味はあるけど痛いって聞くからなかなか踏み込めないでいる…
という人は多いのではないでしょうか。

他にも、前に脱毛をしていたけど痛くて途中で断念した、という声もちらほら聞かれます。

今や当たり前になりつつある脱毛ですが、痛みが気になってやろうか迷っているという人のために、脱毛の痛みについて色々とリサーチしてみました。

脱毛って痛いの?

脱毛の痛みの感じ方は人それぞれなので一概に「痛い」「痛くない」と断言することはできません。痛みに強い人は「そんなに痛くない」と感じるでしょうし、逆に痛みに敏感な人は耐え切れずに途中で断念してしまう人もいます。

他にも、脱毛の種類や脱毛する部位によっても痛みは変わってきますし、痛みを感じやすい条件に当てはまっているということも考えられます。

では、脱毛の種類や部位ごとの痛み、痛みを感じやすい人の特徴について詳しく見ていきましょう。

脱毛の種類で痛みは変わる

脱毛は主に「光脱毛」「医療脱毛」「ニードル脱毛」の3種類に分けられます。どういう仕組みで脱毛できるのか、痛みはどの程度なのかまとめてみました。

光脱毛

光脱毛はエステサロンで行われている脱毛方法です。毛根の黒いメラニン色素に光が反応し、毛根にダメージを与えることで発毛を抑制します。毛根を破壊するわけではないので永続的な脱毛効果は得られませんが、定期的に施術を行うことで少しずつムダ毛が減り、生えにくくなります。光脱毛は光の照射出力が弱いので、他の脱毛方法に比べて痛みが少なく、費用も比較的安いです。

医療脱毛

医療脱毛は医療レーザー脱毛とも呼ばれています。メラニン色素に反応するレーザーを照射し、レーザーの熱で毛根周辺の発毛組織を破壊することで毛を生えなくしていきます。そのため、永続的な脱毛効果を得ることができます。光脱毛よりも照射出力が高い分、痛みもそれなりに感じますが、程度としては輪ゴムではじかれるレベルの痛みという人が多いです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは特殊なニードル(針)を毛穴一つひとつに挿し、そこに電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。毛根を破壊するので、二度と毛が生えてくることはありません。脱毛効果が高い方法ではありますが、その分痛みも強いです。さらに1回にかかる施術時間も長いため、光脱毛や医療脱毛に比べるとこの脱毛方法を選択する人は少ない印象です。

脱毛で痛みを感じやすい部位は?

脱毛は施術を受ける部位によっても痛みの程度が変わってきます。痛みのレベル別に部位を振り分けてみました。今後脱毛をする際の参考にしてもらえればと思います。

痛みレベル部位
★★★★★Vライン、Iライン
★★★★☆Oライン、脇、うなじ
★★★☆☆手足の指、太もも、額、鼻下、ひざから足首
★★☆☆☆ひじから手首、おなか、胸、頬、鼻、あご
★☆☆☆☆おしり、背中、二の腕

【脱毛で痛みを感じやすい部位の特徴】
・毛が太く濃い
 ↳毛が太く濃い部位は光やレーザーが反応しやすいので痛みを感じやすい
・皮膚が薄い
 ↳皮膚が薄い(骨に近い)部位は周辺の肌にレーザーを照射した時の熱が伝わり、痛み感じやすい
・色素沈着している
 ↳医療レーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素に反応する仕組みになっているため、色素沈着している部位には強く反応してしまう可能性がある

痛みを感じやすいのはこんな人

脱毛の種類や部位で痛みが変わると説明してきましたが、様々な理由から”痛みを感じやすい人”という人もいます。どういう人が痛みを感じやすいのか見ていきましょう。

乾燥肌の人

乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下している状態なので、肌が刺激に敏感になっています。肌が敏感になっていると痛みを感じやすくなってしまうので、日頃からしっかりと保湿ケアをして乾燥肌にならないように気を付けることが大切です。

日焼けしている人

一般的な脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応する光やレーザーを用いて施術を行います。日焼けをしている人やそもそも肌の色が黒い人は、肌の表面の色素に光が反応してしまって痛みを感じやすい傾向にあります。肌が白いと毛の色が分かりやすいのでピンポイントでムダ毛にダメージを与えられるのですが、肌が黒いと光やレーザーがムダ毛だけでなく肌にも反応して、熱でやけどをしてしまうリスクも高くなります。もし日焼けをしている人は、日焼けが治って肌が白くなってから施術を受けるようにしましょう。

もともと肌が黒い人は、メラニン色素に反応せず痛みを軽減できる蓄熱式の脱毛方法がおすすめです。蓄熱式の脱毛ではダイオードレーザーを使用します。ダイオードレーザーを短時間で連続照射し、皮膚の下に熱を蓄えて毛包にダメージを与えていきます。色黒の人や日焼けした肌はもちろん、産毛や金毛といった色素の薄い毛にも高い効果を発揮してくれます。

生理中の人

生理中はホルモンバランスの関係でニキビができやすかったり肌荒れしやすかったりと肌が敏感になっています。VIO以外であれば生理中でも施術は受けられますが、生理中で肌が敏感になっている時は痛みも感じやすいので、痛みに弱い人は生理期間中の脱毛は控えたほうがいいかもしれませんね。

毛深い人

毛の量が多く毛が密集している人は照射時間が長くなり、その分痛みも強くなってしまいます。とくにVIOや脇は他の部位に比べて毛が太く皮膚も薄いため、余計に痛みを感じやすいようです。

脱毛の痛みを軽減する方法

ここまでの内容を見ると「やっぱり脱毛は痛いんだ…」と思うかもしれません。でも安心してください。脱毛の痛みを軽減する方法はたくさんあります。

方法①:麻酔を使う

これは医療脱毛に限られるのですが、麻酔を使って痛みを軽減するという方法があります。麻酔は医療機関でしか扱えないので、サロンなどでやってもらう光脱毛には使用できません。麻酔の種類はいくつかあるので、自分に合った方法を選べます。具体的にどんな麻酔方法があるのか見ていきましょう。

・笑気麻酔
笑気麻酔とは麻酔成分が含まれたガスを鼻から吸引する麻酔です。即効性があり、お酒を飲んだ時のような感覚になります。リラックス効果があるので、痛みに対する不安や緊張感を緩和することができます。

・麻酔クリーム
麻酔クリームは塗るタイプの麻酔です。施術の30分前に施術部位に麻酔クリームを塗ることで、照射時の痛みを軽減することができます。ただし、麻酔クリームに含まれる成分に対してアレルギーを起こす可能性もあるので、もし心配であれば施術前に医師に相談するようにしましょう。

方法②:施術部位を冷やす

脱毛の痛みは主に光やレーザーの熱によるものです。つまり、施術部位を冷やせば熱による痛みを感じにくくなります。クリニックやサロンによって冷やし方は異なりますが、マシン自体に冷却装置がついている場合もありますし、冷却ジェルや保冷剤などを使って施術部位を冷やす場合もあります。

方法③:部位ごとにレーザーの種類を使い分ける

こちらも医療脱毛に限られる方法ですが、脱毛部位によってレーザーの種類を使い分けることで痛みを軽減する方法もあります。医療脱毛で使われているレーザーは主に「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類あります。
痛みのレベル順だと
ヤグレーザー < アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー
となっています。

痛みを感じやすい部位はヤグレーザーに変えてもらうなどして、痛みを最小限にできるように医師に相談してみるといいでしょう。

方法④:スキンケアを入念に行う

この記事でも何度か説明してきましたが、脱毛で痛みを感じやすくなるのは肌が乾燥している時や敏感になっている時です。肌のコンディションが悪いと痛みを感じやすくなるのはもちろん、肌荒れや乾燥肌といった肌トラブルも引き起こしてしまう可能性があります。肌のコンディションを良い状態に保つには、日頃から入念なスキンケアを行うことが大切です。とくに保湿ケアは重要で、肌が潤っていないとバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。肌が乾燥しやすいお風呂上りには化粧水でしっかりと保湿して、水分が逃げないように乳液やクリームでフタをするようにしましょう。

安心して脱毛が受けられる痛み対策を!

脱毛の痛みは脱毛の種類や部位だけでなく、施術を受ける人の肌のコンディションによっても大きく差が出るということが分かりましたね。

脱毛効果が高い施術内容でも痛みが強いと継続して施術を受けるのは難しいですし、逆に痛みばかり気にして効果の低い施術を選ぶとなかなか脱毛が終わりません。

自分が何を重視するのかを考えて、どういう脱毛プランが自分に合っているのか見極めることが大切です。痛みを気にせず安心して脱毛が受けられるようになるといいですね。

関連記事