肌荒れ・ニキビはマスクのせい!?綺麗な素肌を取り戻すための肌ケアとは?

5 min 27 views

花粉症や鼻炎、病気の予防といった理由からマスクを毎日着用している人は多いのでは?

マスクは便利な反面、肌荒れやニキビといった肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

なかなか改善しない肌荒れやニキビはもしかするとマスクが原因かもしれません。

かと言って、マスクを着用しないわけにもいきませんよね。

ここではマスクによる肌荒れやニキビを改善するための肌ケアについて書いていきます。

綺麗な素肌を取り戻すためにも、正しい肌ケアの知識を身に付けましょう。

なぜマスクで肌が荒れたりニキビができたりするの?

マスクによる肌荒れやニキビは、主に「蒸れ・摩擦・乾燥」という3つの要因によって引き起こされると言われています。なぜそれで肌が荒れたりニキビができたりしてしまうのか、詳しくみていきましょう。

原因その①:蒸れ

比較的多くの人が使用している使い捨ての不織布マスクは、目が細かく飛沫防止力が高い一方、熱がマスクの中にこもって蒸れてしまいがちです。マスクの中の湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなります。アクネ菌も増殖しやすく、その結果ニキビができてしまうというわけです。

原因その②:摩擦

マスクをした状態で口を動かすと、肌とマスクが擦れて肌にダメージを与えてしまいます。摩擦による刺激で肌のバリア機能が低下すると、ちょっとの刺激でも炎症を起こしたり、ブツブツができたりと様々な肌トラブルにつながってしまいます。

原因その③:乾燥

原因①は「蒸れ」なのに「乾燥」って矛盾してない?と思うかもしれませんが、マスクを外した後の肌は意外と乾燥しがちです。マスクをしている間はマスクの中が高温多湿になっていますが、マスクを外すと水分が一気に蒸発します。この時に肌の水分まで一緒に蒸発してしまうので、肌が乾燥してバリア機能が低下してしまいます。

【原因別】マスクによる肌荒れ・ニキビを治す方法

原因が分かったところで、次はそれを改善する方法をみていきましょう。

蒸れが原因の場合⇒肌を常に”清潔”に保つべし!

呼気や汗で肌が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、こまめに拭いて肌を清潔に保つようにしましょう。拭き取る時の注意点としては肌をごしごし擦らないこと。上でも説明した通り、摩擦も肌荒れ・ニキビの原因になります。肌を擦らないように、軽く押さえるようにして拭き取るのがポイントです。

最近では顔用の汗拭きシートもたくさん販売されていますし、メイクをしたまま顔のベタつきだけをオフできる商品も登場しています。

摩擦が原因の場合⇒肌に”バリア”を張るべし!

肌をマスクとの摩擦から守るには、肌にバリアを張ることが大切です。おすすめはワセリンが含まれた保湿クリームです。マスクと肌が接する部分に塗ることで、摩擦を軽減することができます。最近では保湿効果に優れたメイク下地なんかも登場しているので、メイクをすることで皮膚を保護して、摩擦のダメージから肌を守ることができます。

乾燥が原因の場合⇒しっかりと”保湿”するべし!

乾燥してバリア機能が低下している肌はしっかりと保湿してあげましょう。保湿成分が豊富に含まれている化粧品を選ぶのがポイントです。

保湿効果のある成分

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • エラスチン
  • コラーゲン
  • スクワラン

これらの保湿成分を多く含む化粧品でスキンケアを行うことで肌を乾燥から守り、バリア機能を高く保つことができます。

保湿成分が多く配合されている化粧水

【ナチュリエ】ハトムギ化粧水 500ml

価格:715円(税込)
保湿成分:グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、BG、DPG…etc.

天然保湿成分”ハトムギエキス”を配合した化粧水。いくつものコスメ通販サイトで1位を獲得している人気商品です。肌にスッと浸透していくので、たっぷり使ってもさっぱりとした仕上がりになります。

【肌ラボ】極潤ヒアルロン液 170ml

価格:814円(税込)
保湿成分:加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na…etc.

3種類のヒアルロン酸を贅沢に配合した化粧水。無香料・無着色・オイルフリー・アルコールフリーなので、肌への刺激が少なく敏感肌の方でも安心して使用できる商品です。

【ちふれ】化粧水 しっとりタイプ 180ml

価格:605円(税込)
保湿成分:グリセリン、BG、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、トレハロース…etc.

乾燥している肌にスッと浸透し、ぷるんと潤いのある肌へと導いてくれる化粧水。ちふれの化粧水はしっとりタイプの他にも、さっぱりタイプノンアルコールタイプとてもしっとりタイプがあり、自分の肌質に合ったものを選ぶことができます。

【KOSE】薬用雪肌精 200ml

価格:5,500円(税込)
成分:グリチルリチン酸2K、トウキエキス、ハトムギエキス、メロスリアエキス…etc.

保湿効果のある和漢植物(ハトムギ・トウキ・メロスリア)のエキスを配合した薬用化粧水。乾燥によるくすみを防ぎ、キメ細かい透明感のある肌へと導いてくれます。

マスクによる肌荒れやニキビを防ぐには?

せっかく肌荒れやニキビが改善してもまた繰り返してしまっては意味がありません。もう二度と肌荒れやニキビに悩まされないためにも、普段からしっかりと予防しておくことが大切です。

肌に優しい素材のマスクを選ぶ

マスクによる肌荒れやニキビを予防するには、マスクの素材選びも重要です。長時間肌に当たるものなので、なるべく肌への刺激が少ない素材を選ぶようにしましょう。

どんな素材が肌に優しいのか、調べてまとめたので是非参考にしてみて下さい。

オーガニックコットン

敏感肌で肌荒れしやすい人におすすめなのが、オーガニックコットンで作られたマスクです。柔らかい着け心地で装着時の刺激が少ないです。不織布などの化学繊維が気になる人も、オーガニックコットンなら天然素材なので安心して使用できます。

ガーゼ布

ケガの治療にも使われるガーゼ布は柔らかく肌への違和感が少ないのが特徴です。布の目が粗いので通気性が良く、息苦しくなりにくいです。また、ガーゼ布は水分を吸収しやすいという特徴もあり、肌荒れやニキビの原因でもある”蒸れ”を軽減する効果が期待できます。

ポリウレタン

衣類やバッグの素材として多く用いられるポリウレタンは、伸縮性があり柔らかく肌にやさしいという特徴があります。ポリウレタンで作られているマスクは立体型になっているものが多く通気性もいいです。花粉やホコリはカットできますが、ウイルスをカットする効果は低いため、マスクの裏に目の細かいフィルターを挟んで使うのがおすすめ

リネン(麻)

リネン(麻)は夏の暑い時期にピッタリの素材です。吸湿性はコットンの約4倍で、水分を素早く吸収し蒸れを防いでくれます。また、吸い取った水分をすぐに発散するという特徴もあるため、肌荒れやニキビの原因になるカビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

一番オススメの素材は”ダブルラッセル”

最近注目され始めた生地で、蒸れないしズレにくいと評判です。通気性はなんと不織布マスクの約10倍スポーツやトレーニングをする際も息が苦しくなりにくいというメリットがあります。また、何度も洗濯して使用できるので衛生的にも経済的にも良い素材です。

ファンデーションを塗って肌を摩擦から守る

マスク生活が長引くとだんだんメイクもしなくなって、目元などの外から見える範囲だけ軽くメイクするという人は多いのではないでしょうか。確かにメイクをしてもどうせマスクで隠れてしまいますし、汗や湿気でファンデがヨレヨレになってしまいますよね。

しかし、マスクと肌との摩擦を防ぐためにファンデーションは塗っておいたほうがいいです。最近では保湿成分が含まれているものや、汗をかいてもよれにくいファンデが販売されています。ファンデがマスクに付くのが嫌という人も多いですが、今はマスクに付きにくいファンデもあります。すでに肌が荒れていて気になるという人はアルコールフリーのものや、保湿力の高いリキッドタイプを使うなどしてお肌の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

自分の顔のサイズに合ったマスクを着ける

今着けているマスクは自分の顔のサイズに合っていますか?もし顔のサイズに対してマスクが小さいと摩擦で肌にダメージを与えてしまいますし、逆に大きすぎると花粉やウイルス飛沫を防ぐことができないので、マスクを着けている意味がなくなってしまいます。そうならないためにも、自分の顔のサイズに合うマスクを選ぶことが大切です。

マスクのサイズの測り方については、一般社団法人 日本衛生材料工業連合会のHPに記載があったので試しに測ってみて下さい。

マスクサイズの測り方

  1. 親指と人差し指でL字型を作る。
  2. L字にした状態で耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てる。
  3. 親指から人差し指までの長さを測る

測った長さが、

9~11cm→子供用サイズがおすすめ
10.5~12.5cm→小さめサイズがおすすめ
12~14.5cm→ふつうサイズがおすすめ
14cm以上→大きめサイズがおすすめ

http://www.jhpia.or.jp/product/mask/mask2.html#q3

洗顔で肌の汚れを毎日しっかり落とす

マスクを長時間つけていると、蒸れて雑菌が繁殖したり摩擦で肌が刺激を受けていたり皮脂で毛穴が詰まってしまったりと、肌へのダメージがかなり大きくなってしまいます。そのため、マスクを外した後のスキンケアが重要になってきます。正しい方法で洗顔して肌を清潔に保つようにしましょう。

正しい洗顔方法

  1. 顔と手を濡らした後に、洗顔料をしっかりと泡立てる。(両手にたっぷり乗るくらい)
  2. 顔全体に泡をなじませ、汚れやすい鼻や顎周りは指でクルクルと優しくなでる。この時にごしごし擦ってしまうと摩擦で肌に刺激を与えてしまうので、指ではなく泡で汚れを浮かすイメージで洗う。
  3. ぬるま湯で泡をすすぐ。泡が残らないように生え際やフェイスラインも念入りにすすぐ。
  4. タオルで顔を拭くときはゴシゴシ拭くのではなく、押し拭き(タオルを顔に当てるだけ)をする。化粧水を塗る前に肌が少し湿っているくらいがベスト。
    洗顔後は肌が乾燥しやすいので、保湿ケアも忘れずに!

肌荒れやニキビに悩まされない肌を目指そう

肌荒れやニキビといった肌トラブルは、肌のバリア機能の低下によって引き起こされます。毎日長時間マスクを着用していると、蒸れや摩擦、乾燥などで肌のバリア機能が著しく低下してしまいます。

すでに肌荒れやニキビに悩んでいる人は、マスクの使い方やスキンケアを改善していくことが大切です。肌のバリア機能が正常になれば、自然と肌荒れやニキビは良くなるでしょう。

まだ肌トラブルが起きていないという人も油断は禁物。肌荒れやニキビを引き起こしそうな要素があれば、すぐにそれを見直して肌トラブルを引き起こさないようにしっかり予防するようにしましょう。

このご時世マスクを着けずに生活するのは難しいので、素肌を肌荒れやニキビから守るためのノウハウを身に付けて、ストレスフリーなマスク生活が送れるといいですね。

関連記事