ほうれい線対策ができる体操って!?簡単にたるみ解消できるエクササイズを紹介

7 min 6 views

「最近フェイスラインがたるんできた気がする…」
「シワが増えたなぁ。」
「ほうれい線がくっきりと分かるようになってきた…」

など、年齢を重ねると出てくるお顔の悩みですが、その中でもあるだけで一気に老け顔を加速させてしまうのが、“ほうれい線”です。

普段からケアをしていても、シワやほうれい線などの年齢サインはどうしても出てきてしまうもの。
でも、効果があるならいろいろ試して、出来る限りの対策を取りたいですよね。

そこで今回は、ほうれい線が出てくる主な原因や対策、さらにほうれい線解消に役立つお顔の体操をご紹介していきたいと思います。

明美

明美

そもそもほうれい線って何?

ほうれい線ってよく聞くけど、シワとは違うの?と疑問に思っている方もいらっしゃいますよね。
そこで、ここではほうれい線についての基本をまずは説明していきます。

ほうれい線の特徴

ほうれい線とは、鼻の両側から口の両側を通ってあごまで伸びるライン(溝)のことを指しています。

ほうれい線は誰にでもあり、目立つ度合いは顔立ち・年齢・肌質などによって変わってきますが、30代に入ったころから気になり始めるという方がとっても多いです。

そして、加齢とともに深くなっていくことが特徴です。

ほうれい線とシワの違い

シワとは?
シワの正体は、肌のハリが失われたり、肌のキメが乱れることで皮膚がヨレたものです。

コラーゲンやエラスチンなどのハリ成分と表情筋によって支えられているお肌が、加齢や紫外線、乾燥などの影響でハリが失われ、シワができるのです。

ほうれい線とは?
ほうれい線というのは、骨格や筋肉などの影響で刻まれる溝のことで、20代の若い人にもあります。
骨格の形や筋肉のつき方には個人差があるため、ほうれい線の深さも、他人によってさまざまです。

ほうれい線が目立ってしまう原因は?

シワとは違い、始めから誰にでもあるほうれい線。
では、なぜ年を重ねていくにつれて、目立ち始めるのでしょうか?

その原因について、年代別に詳しく見ていきましょう。

20代のほうれい線の主な原因

  • 表情のクセ
  • 噛みグセや歯並びによる影響
  • 急激なダイエットによる筋力の低下
  • 乾燥によるシワ

20代からほうれい線が気になるという場合は、上記のような原因が挙げられます。
保湿ケア表情のクセを直す生活習慣の見直しなどによって、目立たなくすることができますよ。

30代~のほうれい線の主な原因

  • 真皮内のコラーゲンやエラスチンといったハリ成分の減少
  • 老化による肌を支える繊維細胞のたるみ
  • 表情筋の衰え

ほうれい線が気になり始める30代以降は、20代の頃の原因に加えて、上記のような原因も加わります。

肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンは、紫外線によって壊れたり変性してしまうだけでなく40代を過ぎた頃から急激に減少します。

そのことにより、皮膚のたるみも発生し、ほうれい線にも繋がってしまうというわけです。

さらに、肌を支えると同時に表情を作るときに使う『表情筋』が加齢とともに衰えることも原因のひとつと言えます。

杏子

杏子

30代を過ぎると、ほうれい線が目立ってしまう理由が増えてくるんだね。

より一層、日常的に行えるケアをすることが大切になってきそう!

ほうれい線対策で出来る事とは?

ほうれい線がどんなもので、何が原因で目立ってしまうのかと言うのが良く分かりましたね。
では、ほうれい線が目立ち始める前にどんな方法でケアをしていけばよいのでしょうか?

紫外線対策

肌のハリを保つ働きのあるコラーゲンやエラスチンは、紫外線ダメージの蓄積によって、減少してしまいます。
そこで、日頃から日傘・帽子・日焼け止めなどで、紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

紫外線の強い春や日差しが気になる夏だけでなく、1年を通して紫外線対策を徹底することが大切です。

保湿ケア

肌の乾燥は、紫外線によるコラーゲンやエラスチンへのダメージを高めてしまいます。
そのため、紫外線対策だけでなく、保湿ケアを徹底することも大切になってきます。

保湿ケアの基本は、ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、乳液やクリームで油分を補給ことです。

また、レチノールやビタミンC誘導体など、コラーゲンやエラスチンに働きかける成分入りのものを選ぶのもおすすめです。

乾燥が気になる場合は、目元・口元にクリームを重ね塗りすることも効果的ですよ。
保湿ケアをきちんとすれば、ほうれい線対策だけでなく、シワ改善にもつながり、一石二鳥です!

表情筋を鍛える

ほうれい線の周りの表情筋(骨と皮膚につながっている目や口。鼻などを動かす筋肉のこと)を鍛えることも、ほうれい線対策では有効になってきます!

なぜならば、表情筋を鍛えることにより、皮膚のたるみをケアでき、結果的にほうれい線の解消へとつながるからです。

表情筋は年齢とともに衰えていってしまうので、表情筋を鍛えるお顔の体操やエクササイズを日常的に取り入れましょう。

杏子

杏子

毎日の紫外線対策や保湿ケアといった基本的なことに加えて、表情筋を鍛えることが大切なんだね!

でも、表情筋ってどうやったら鍛えられるんだろ?
自宅で手軽にできる体操やトレーニングってあるのかな?

簡単にできる!ほうれい線解消に効果的な体操

表情筋を鍛えると言われても、やり方が分からない!という方は、多いと思います。
そこで、誰でも簡単に自宅にいて出来る、ほうれい線の解消に効果を発揮してくれるお顔の体操をご紹介していきたいと思います。

体操①目&べろ回しエクササイズ

  1. STEP

    眼球と舌を同時に1周させる

    顔を正面に向け、姿勢を正して座ります。
    舌先を上唇と歯茎の間にしっかりと入れ、上の図のように、眼球と舌を同時に同じ方向へ一周させます。

    時計回りと反時計回りを各3回ずつ行いましょう。

  2. STEP

    舌先で内側から押す

    上唇と歯茎の間の2時と10時の方向に筋肉のつなぎ目があります。

    この部分は血流が悪くなりがちなので、舌を1周させている途中に、この場所を通るときに3秒間舌先で押しましょう。

  3. STEP

    クールダウン

    舌を動かし続けると首のあたりまで負荷がかかってしまいます。

    耳の下あたりから首の前側まで数回優しくさすり、クールダウンをさせてあげましょう。

この運動では、口内からほうれい線の解消を目指すことが出来ますよ。

口の中で舌を回すことによって、口の周りにある口輪筋にダイレクトに刺激を与え、血流をよくすることが出来るんです!

さらに、同時に目も回すと、口輪筋とつながっている目の周りの眼輪筋も鍛えられ、口元&目元のシワを効率よく改善することが出来ちゃいます。

明美

明美

体操②舌スイングエクササイズ

  1. STEP

    舌を思い切り出す

    両手を胸の前でクロスさせ、首を後ろに反ります。
    そのまま舌を思いっ切り出しましょう。

  2. STEP

    舌を左右にスイングさせる

    出した舌を、虹を描くように左右にスイングさせます。
    左右のスイングを8回繰り返したら、舌を引っ込めて正面を向き、クロスさせていた手をゆっくりを降ろしましょう。

舌の根元はあごの組織とつながっています。

そのため、舌をスイングさせる体操によって、あごまでも鍛えられ、フェイスラインのたるみが解消されるんです!

口角から鎖骨につながる筋肉もしっかり伸ばせる体操なので、お顔のたるみ、首元のシワ改善にも繋がります。

明美

明美

体操③空気ぷくぷくエクササイズ

  1. STEP

    口の中に空気を含ませ、頬を膨らませる

    左右の頬を片方ずつ交互に膨らませましょう。
    空気をぷくぷくと移動させるイメージで30秒間行います。

  2. STEP

    膨らませた頬を手で優しくつぶす

    左右交互に頬を膨らませたら、膨らんだ頬を手で優しく押して潰します。
    つぶすときに空気が漏れて「プッ」とならないように注意しながら、左右交互に30秒間繰り返します。

この体操では、口輪筋をほぐすことで、顔の下半分のもたつきやほうれい線の解消に効果を発揮します。

唾液量を増やすことによって、むくみ防止やフェイスラインをスッキリさせる効果もありますよ。

明美

明美

体操④れろれろエクササイズ

  1. STEP

    「れ」と言いながら舌を出す

    「れ~」と言いながら舌を大きく下に出します。

  2. STEP

    「ろ」と言いながら舌をしまう

    「ろ~」と言いながら、舌を口の中にしまい丸めます。

  3. STEP

    STEP1とSTEP2を繰り返す

    舌を根元から先端までしっかり動かすことを意識しながら、「れ」「ろ」の動きをを10回程度繰り返し行いましょう。

  4. STEP

    舌で唇の周りを内側からなぞる

    最後に、口を閉じた状態で、舌で唇の周りを内側からなぞるように右回り10秒・左回り10秒回します。

「れ」「ろ」を繰り返す体操では、顔の表情筋も動かしてくれるので、お顔のたるみやほうれい線を撃退するのに効果的ですよ。

また、舌とお顔の筋力を保ち、口呼吸を防止することで、さまざまな病気のリスクを軽減してくれます。

明美

明美

体操⑤口元の表情筋トレーニング

  1. STEP

    ウィンクするように片目をギュッと閉じる

    ウィンクするようなイメージで、片方の口角を上げ、同じ方の目を閉じ、上の図のようにお互いに引き寄せあうようにして5秒キープします。

  2. STEP

    反対側も行う

    反対側も同様に左右ともに5秒ずつ行いましょう。

体操⑥口角の表情筋トレーニング

  1. STEP

    「あ」「い」「う」「え」「お」を大きく口を開ける

    「あ~」「い~」「う~」…と口を大きく開きながら、1つずつ発音する。

  2. STEP

    最後の「ん」まで繰り返し行う

    あ行→か行→さ行…と同じように大きな口で発音しながら続けていき、「わ」「を」「ん」まで繰り返し行いましょう。

体操⑤と⑥の口元・口角のトレーニングをすることによって、表情筋が鍛えられます

また、顔全体も一緒に持ち上がり、キュッと引き締まったような印象を与えてくれますよ。

明美

明美

体操⑦ムンクの顔体操

  1. STEP

    口を「お」の形にして鼻の下を伸ばす

    口を「お」の形にし、鼻の下をめいっぱい下に伸ばします。
    口を小さくすぼめ、ほうれい線が消えるような形にします。

  2. STEP

    目線を上げて目の下の伸びを感じる

    STEP1をキープしたまま、顔は正面を向き目線だけ上にあげます。
    目線だけで天井を見るようにして、目の下の伸ばします。

    この時額にシワが入らないように注意しましょう。

このムンクの顔体操では、下眼瞼筋(かがんけんきん)という筋肉が鍛えられて、お顔全体をストレッチしてほぐしてくれます。

その事により、ほうれい線や目の下のむくみ、たるみ解消、小顔効果も得られるんですよ。

明美

明美

杏子

杏子

ほうれい線の解消に役立つ体操って、意外と手軽に始められそうなものばかりなんですね!

入浴中やテレビを見ながらでも出来そうだし、これなら毎日続けられそう!

マッサージやグッズも取り入れてみよう

ほうれい線解消に効果的なお顔の体操=表情筋の鍛え方が分かったところで、併せて取り入れてみたいマッサージや、簡単に楽しく表情筋を鍛えることのできるグッズもご紹介していきますね。

エクササイズ効果を高めるマッサージ

頭皮マッサージ

  1. 両手の指を使い、頭皮をぎゅっとつまんでパッと離すをリズミカルに繰り返します。
  2. 1分間ほど頭皮マッサージを続けましょう。
  3. その後、拳で頭蓋骨を1分間刺激します。
  4. 指の第二関節を使って、ぐるっと小さな円を描くように回してから、ギュッと押すように刺激しましょう。

むくみ予防マッサージ

  1. 頬を指全体で持ち上げるように、大きく円を描きましょう(8回)
  2. 中指・薬指の2本の指を使い、口角を引き上げます(4回)
  3. 小鼻の脇を引き上げましょう(4回)
  4. 額は引き上げながら指全体で大きく円を描きます(4回)
  5. 中指と薬指を使って、目の周りを優しく円を描くようにマッサージします(1回)
  6. 最後にこめかみを1回押しましょう。

これを1セットとし、6回繰り返し、マッサージの最後は、深呼吸をして心をゆったりと落ち着かせましょう。

頭皮マッサージを行うことで、血行が良くなってフェイスエクササイズの効果もアップします。

そして、むくみ予防のマッサージは、毎日のスキンケアのついでに簡単にできるので、是非取り入れてみて下さいね。

動画を参考にしながら音楽に合わせてリラックスして行ってみて下さいね。

明美

明美

ほうれい線解消にお役立ちグッズ

フェイシャルフィットネス パオ

価格:14,080円(税込)
参考:MTG公式サイト

使い方
  1. 口を大きく「お」の形に開き、フェイシャルフィットネス パオをくわえます。
  2. マウスピースを唇でくわえ、吸い込むイメージで支えます。
  3. 首を上下に振り、左右のウェイトを揺らします。
    鏡を見ながら正面を向き、力を抜いた状態で少しずつ振りましょう。
  4. 1日に30秒×2回を目安に行ってください。
効果

約40種あると言われているお顔の筋肉を鍛え、頬部や口まわりのシワ、ほうれい線にアプローチします。
継続したトレーニングで、気になるほうれい線を薄く短くする効果が期待できます。

フェイストレッチ ev

参考価格:864円(税込)
参考サイト:楽天市場

使い方
  1. 筒状になっている部分を口に加えます。
  2. 息を大きく吸う→吐くを繰り返します。
    (息をはくと「ポコン」と膨らみ、吸うと「ペコン」とへこんでいれば正しく使えています。)

TVを見ながらやお風呂の中など、自分のペースで毎日続けてください。

効果

頬、口元、あご、首などの表情筋を全体的に鍛えることが出来、年齢とともに気になるお顔のたるみや、ほうれい線対策に効果を発揮します。

にゃんダフルエクササイズ

参考価格:968円(税込)
参考サイト:Amazon

使い方
  1. 突起をくわえて、頬を膨らませたりへこませたりして動かします。
  2. 1日15回×2セットを目安に行いましょう。
効果

頬周りの筋肉を重点的に鍛えることができ、ほうれい線やシワ、たるみといった老け顔要素を解消してくれます。

杏子

杏子

マッサージを取り入れてリラックスした気分で体操したり、グッズを活用して楽しみながらエクササイズ出来ちゃうって嬉しい!

ハードだったり、面倒くさいと感じてしまうと長続きさせるのが難しいけど、これなら続けられそう!

ほうれい線解消に効果的なお顔の体操は今日からでも始められそうですね。

表情筋を鍛えてほうれい線の目立たない若見え顔に!

今回は目立つだけで老け顔を加速させてしまう“ほうれい線”についてお役立ち情報をお届けしてきました。

気になり始めていたほうれい線が、濃く、深くなってきた…。
そんなお悩みを抱えている方は是非参考にしてみて下さいね。

この記事ではほうれい線を解消するには、日頃のケアがとても大切ということをまとめてきました。

紫外線対策
1年を通して日傘、帽子、日焼け止めで対策を行いましょう。

保湿ケアの徹底

保湿成分配合のもの、ハリや弾力を保つために欠かせない成分入りのものを選んで、日々のケアを大切に行いましょう。

表情筋を鍛える

ほうれい線に効果的にアプローチしてくれるお顔の体操や、グッズを使ったエクササイズで表情筋を鍛えるように心がけましょう。


基本的なスキンケアを丁寧に行い、紫外線のダメージなどからお肌を守ることは、ほうれい線対策で重要なポイントです。

お顔の体操などによって表情筋を鍛えることが出来れば、ほうれい線解消だけでなくフェイスラインのたるみや二重あご、シワにも効果的です。

簡単に始められる体操をご紹介してきましたので、ぜひ今日からスタートして、若見え顔を目指してくださいね。

関連記事