あなたはどのタイプ?「肌荒れ」の種類別原因と対策・おすすめのスキンケア法をご紹介

10 min 22 views

お肌がカサカサする、つっぱる感じがする、ニキビができるなど、その日の気分やモチベーションまで左右してしまうことのある「肌荒れ

肌荒れの気にならない美しい肌は多くの女性の憧れですよね。
お肌の調子が良いだけで、その日1日をハッピーな気分で過ごすことができます。
つまり、お肌の健康は心の健康にも繋がるのです!

ただ、「肌荒れを直したい!」と思っていても、肌荒れにはさまざまな種類があり、原因も人それぞれのため、みんなが同じケアで悩みを解決できるというわけではありません。

そこで今回は、肌荒れの種類や主な原因・対策とおすすめのスキンケア法についてご紹介していきたいと思います。
自分がどのタイプに近いのか、肌荒れの種類や症状を見極め、一番最適なケアを見つけて美しいお肌を目指しましょう。

あなたの肌荒れは何タイプ?

美しく健やかなお肌を手に入れるためには、まず自分のお肌の症状や、肌荒れの種類、そしてそれに合ったスキンケアをすることが大切です。
多くの女性たちが悩む肌荒れトラブルの代表的な4タイプを見ていきましょう。

  1. 鏡を見るたび気になる「ニキビ・吹き出物肌」タイプ
  2. 毛穴の開きや黒ずみが目立つ「毛穴肌」タイプ
  3. 潤い不足、カサカサが気になる「乾燥肌」タイプ
  4. ベタつくのに、カサつきも感じる「混合肌」タイプ

肌荒れの種類①「ニキビ・吹き出物肌」タイプ

10代から大人の女性まで幅広い年齢の女性たちが悩む肌荒れの種類といえば、「ニキビ・吹き出物肌」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

思春期から大人になれば自然に治ると思っていたのに、大人になっても出来てしまう!という女性も結構いますよね。

皮脂分泌が活発なことが原因で出来てしまうのが、10代の頃の「ニキビ」ですが、頬や口の周り、顎などにポツポツとしたものが繰り返し出来てしまう…。
そんな繰り返す“大人ニキビ”でお悩みのあなたは、「ニキビ・吹き出物肌」の可能性が高いです!

肌荒れの種類②「毛穴肌」タイプ

こちらも肌荒れの種類の中で、悩んでいる方の多いものですが、毛穴の開き・たるみ・黒ずみ・詰まりが気になる…症状はさまざまですが、そんな毛穴に対してのお悩みを抱えている人は、「毛穴肌」タイプかもしれません。

本当はツルンとしたゆで卵みたいな肌に憧れているのに、毛穴が目立ってしまう…など、日々毛穴問題に頭を抱えている女性は多いですよね。

  • 開き毛穴…肌のキメが粗くなり、毛穴が開いて目立ってしまう状態
  • たるみ毛穴…お肌のハリが失われ、毛穴が引っ張られて目立つようになる状態
  • 黒ずみ毛穴…毛穴がポツポツと黒くなってしまっている状態
  • つまり毛穴…毛穴に角質が詰まってしまっている状態

「毛穴肌」タイプにも、更にさまざまな症状があるので、毛穴が気になっているという方は、ご自分の毛穴状態をチェックしてみましょう。

肌荒れの種類③「乾燥肌」タイプ

症状の度合にはひとそれぞれ違いがあるかもしれませんが、お肌のカサつき、潤い不足が気になる…というあなたは、「乾燥肌」タイプの疑いが強いです。

  • お肌に触れると表面がカサカサしている
  • なんとなくお肌がゴワゴワと硬い感じがする
  • 皮膚がつっぱる感じがする
  • かゆみがある
  • 白く粉を拭いてしまう

というような肌荒れ症状は出ていませんか?
ひとくちに乾燥といっても、人により度合いは様々ですが、このような症状が出ている場合はお肌が乾燥している証拠です。

肌荒れの種類④「混合肌」タイプ

額や鼻は皮脂でテカついているのに、頬や口まわりが乾燥する…そんな肌荒れにお悩みのあなたは、「混合肌」タイプだと思われます。

皮脂が多くベタつきを感じる部分と、乾燥によってカサつく部分の両方を持ち合わせているのが特徴です。
脂っぽい部分と乾燥と真逆な肌質が混在しているため、対策やスキンケア法に迷っている方も多いのではないでしょうか。

この「混合肌」タイプの人の中には、自分のお肌を”脂性肌”だと思っている人も多いのですが、脂性肌とは油分と水分のどちらもが多い状態のことで、実は「混合肌」タイプだったというケースがよくあるんです。

額・鼻・顎にかけてのTゾーンはテカリが気になるのに、目の下から頬にかけてのゾーンや口元は乾燥する…という方は、「混合肌」の可能性が高いので、もう一度ご自分のお肌の状態をチェックしてみると良いですね。

肌荒れを引き起こす原因を種類別に解説!

さまざまな肌荒れの種類があることが分かり、自分の肌荒れのタイプを知ることができたら、原因を探し、対策や自分に合ったスキンケア法でケアをしていきたいですよね。

そこで、まずは肌荒れの種類ごとの主な原因について見ていきましょう。

「ニキビ・吹き出物肌」になる原因は?

・皮脂が過剰に分泌されている

思春期だけでなく、大人になってからも悩まされることの多い「ニキビ・吹き出物肌」の原因のひとつに、皮脂の過剰分泌があります。

10代の頃は、もともとお肌の皮脂の分泌が活発な時期です。
そのため、皮脂腺の多い部分にできやすく、成長とともにニキビの発生が落ち着いてくることが多いです。

大人になっても繰り返すニキビ・吹き出物は、暴飲暴食などにより、動物性脂肪の多い食べ物をとることにより、皮脂の成分を増やしてしまい、その結果皮脂が過剰に分泌されて状態になってしまうことが考えられます。

皮脂の過剰分泌は、毛穴を詰まりやすくしてしまうので、「ニキビ・吹き出物肌」の原因となってしまします。

・毛穴の閉塞

「ニキビ・吹き出物肌」の主な原因として、毛穴の閉塞ということも挙げられます。

過度なストレスや睡眠不足、不規則な生活などにより、ターンオーバーが乱れてしまうと、毛穴の角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまうことでニキビや吹き出物を発生しやすくしてしまうのです。

また、紫外線を浴びたり、長時間冷暖房の効いた室内で過ごしたり、間違ったスキンケアをしていたりなど、お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下しお肌自らがを守ろうとする力が働き、角質が厚くなることで毛穴を塞いでしまいます。

・アクネ菌の繁殖

多くの人がニキビの元というイメージを持っているアクネ菌の繁殖も「ニキビ・吹き出物肌」の原因のひとつです。

実はこのアクネ菌は、ニキビの無い健康なお肌にも存在している菌ですが、毛穴が詰まったり塞がったりして、皮脂が毛穴に溜まることで、皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖してしまうと、皮膚が炎症を起こし、赤ニキビなどの原因となってしますのです。

「毛穴肌」になる原因は?

・皮脂過剰

「毛穴肌」の主な原因の一つとして、皮脂過剰が挙げられます。
気温の上昇や偏った食生活など、日常の様々な要因が合わさることにより、皮脂の分泌量が過剰になってしまうと、皮脂によって毛穴の出口が押し広げられ、毛穴が開いてしまいます

また、過剰に分泌された皮脂と、古い角質が混ざることで角栓が出来てしまうと、詰まり毛穴の原因になったり、毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまうと、毛穴の黒ずみの原因ともなってしまいます。

・お肌の乾燥

お肌が乾燥することによって、肌バリア機能が低下してしまうことも、「毛穴肌」を引き起こす原因となっています。
お肌のバリア機能を整えようとして、皮脂を過剰に分泌させてしまうため毛穴の開きに繋がってしまいます。

・肌のたるみ

毛穴と言うのは、本来丸い形をしているのですが、お肌がたるんでしまうと、毛穴もタテに伸びて目立つようになってしまいます。

しずくのような形が特徴で、このような場合、お肌のたるみによる「毛穴肌」となっている可能性が高いです。

「乾燥肌」になる原因は?

ターンオーバーの乱れ

お肌の乾燥を引き起こす原因のひとつとして、ターンオーバーの乱れがあります。

一定のサイクルで生まれ変わるお肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)が、睡眠不足や栄養バランスの取れていない食事などによって乱れてしまうと、潤いを保つことができなくなってくるのです。

寝ているときに分泌される成長ホルモンの分泌が、お肌のターンオーバーには欠かせないことから、寝る時間が不規則であったり、夜更かしを続けてしまうことは天敵です。

また、毎日の食事から摂る栄養は、肌細胞の材料となるのはもちろん、ターンオーバーを活性化させる血液の循環などにも活用されているため、過度なダイエットや暴飲暴食などによって栄養が偏ってしまうと、ターンオーバーの乱れに繋がります。

・紫外線

シミやシワ、たるみといった老化肌の要因と言われている紫外線は、乾燥肌の原因にもなっているんです。

紫外線は肌の表面にダメージを与え日焼けを起こすだけでなく、皮膚のバリア機能を低下させ、角質から水分を奪い、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

・間違ったスキンケア方法

本来お肌の為になるはずのスキンケアも間違った方法で行ってしまうと、お肌から必要な皮脂まで奪ってしまい、お肌のバリア機能の低下を招いてしまいます

42度以上の熱いお湯のお風呂に浸かったり、洗顔の際にお肌を強い力でゴシゴシとこすって洗ったりするのも「乾燥肌」にはNG行為です。

・皮脂や汗の減少

皮脂の過剰分泌も肌荒れを引き起こすことがありますが、気温と湿度の低下による皮脂や汗の減少も「乾燥肌」の原因となってしまいます。

皮脂や汗が混ざり合って出来る皮脂膜が作られにくくなることで、肌内部の水分が蒸発しやすい状態となってしまうからなんです。

「混合肌」になる原因は?

・ホルモンバランスや生活習慣の乱れ

「混合肌」の原因として大きく関係してくるのが、ホルモンバランスの変化や、生活習慣の乱れです。
精神的ストレスを溜めていたり、月経周期に伴うホルモンバランスの乱れが原因になることがあります。

また、アルコールや辛い物など刺激が強い食べ物や、脂っこい食べ物を好んで食べる習慣のある人も要注意です。

「混合肌」は、水分が足りずに皮脂を過剰分泌しているこが多いため、テカリやベタつきばかり気にしてケアをすると、乾燥部分が悪化してしまう恐れもあります。

・紫外線や冷暖房による刺激

肌は紫外線などの外からの刺激を受けると、肌が乾燥するのを防ごうとして皮脂の分泌が過剰になります。
更に、長時間冷暖房を付けていることによる室内の湿度低下もお肌の乾燥を引き起こす原因となってしまいます。

肌が乾燥すると、それを補おうとして皮脂が過剰に分泌され、その結果肌が乾燥している部分と皮脂が多い部分が混在する=混合肌になるというわけです。

肌荒れの種類別対策・おすすめスキンケア法を伝授

なぜ肌荒れが起きてしまうのか、その原因が分かったところで、次は肌荒れの種類ごとに解決に導くための対策・スキンケア法と、おすすめの商品についてもご紹介していきます。

今までのスキンケアが自分の肌荒れの種類に合っていたのか今一度見直して、正しいスキンケア法を知り、美しい肌を育んでいきましょう。

「ニキビ・吹き出物肌」対策・おすすめのスキンケア法

「ニキビ・吹き出物肌」の主な原因となるのは、過剰な皮脂の分泌・毛穴の閉塞・アクネ菌の繁殖が挙げられますが、ではどのような対策やスキンケアを行えば良いのでしょうか?

・クレンジング

まずは、過剰に分泌された皮脂を落とすためにも、クレンジングが大切になってきます。

クレンジングする際は、お肌への負担を減らすために、ゴシゴシとこすらずに、指の腹で優しく丁寧に馴染ませて洗いましょう。

・洗顔

洗顔でのポイントは、刺激の少ない洗顔料を良く泡立ててから、泡をクッションにして優しく洗います。
すすぎ残しのないように、髪の生え際や小鼻の周りなどにも気を付けてすすぎましょう。

・スキンケア

乾燥がすすんで、お肌の油分と水分のバランスが崩れると、お肌のバリア機能が低下してしまうため、スキンケアでは保湿を大切にしましょう。

また、化粧水などを選ぶ時に、ニキビをケアする成分が使われているかどうかを確かめてから選ぶのも良いでしょう。

「ニキビ・吹き出物肌」おすすめのスキンケア商品

ファンケル アクネケア洗顔クリーム

内容量90g
価格1,540円(税込)
主な成分グリコシルトレハロース、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、
グリチルリチン酸2K
使用方法1.朝と晩清潔な手のひらに適量を出します。(お顔はぬるま湯で濡らしておきます。)
2.たっぷりのぬるま湯を加えながら、空気を含むように泡立てます。
3.泡をすべらせながら顔全体に広げていき、優しく丁寧にに汚れを落とします。
4.水またはぬるま湯で、すすぎ残しのないように洗い流します。

ニキビ・吹き出物肌のケアに欠かすことのできない洗顔を、キメの細かいクリーミーな泡でサポートしてくれる洗顔クリームです。
ニキビの原因となる過剰に分泌される皮脂や、毛穴の汚れを除去し、ニキビを予防します。

ファンケル アクネケア 化粧液

内容量30ml
価格1,650円(税込)
主な成分グリチルリチン酸2K、ペンチレングリコール
使用方法1.朝と晩の洗顔後に、適量を手のひらに取ります。
2.顔全体にのばした後、中指と薬指の腹を使い、顔の内側から外側、下から上へ向かって伸ばし、馴染ませます。
3.手のひら全体を使って顔を押さえ、ハンドプレスをして肌の奥まで美容成分を浸透させます。

過剰な皮脂を抑え、油分と水分のバランスを整え、みずみずしく健やかな肌に導いてくれる化粧水です。
プルーン酵母エキスなど厳選された植物由来の成分が配合されていて、肌を引き締め肌荒れやニキビを予防します。

ファンケル公式サイト

「毛穴肌」対策・おすすめのスキンケア法

皮脂過剰、お肌の乾燥、たるみが原因で引きおこる「毛穴肌」では、どのようなスキンケアが効果的なのでしょうか?

・過剰な皮脂を抑える

毛穴肌のお手入れでまず大切なことは、過剰に分泌された皮脂をその日のうちに取り除くことです。
毎日朝と夜にたっぷりの泡でお肌を包み込むように優しく洗顔します。

また、夜のクレンジングでは、毛穴の奥のメイクや汚れまで丁寧にすっきりと落としましょう

さらに、身体の内面からのインナーケアもポイントです。
糖分や脂質の取り過ぎは、皮脂の分泌を増加させてしまうので、スイーツや揚げ物などの食べ過ぎには注意しましょう。

反対に、牛や豚のレバーやバナナ、納豆、牛乳などに多く含まれるビタミンB2・B6は、皮脂分泌を抑える栄養素となっているので、積極的に摂取を心掛けると良いですよ。

・保湿ケア

お肌のバリア機能を正常に保つためにも、毎日の保湿ケアが重要です。
乾燥を防ぐことで、お肌のバリア機能も高まり、過剰な皮脂分泌も抑えられます。

化粧水や乳液は、きちんと使用量を守ることで、潤いバランスを整えてくれるので、使用感など自分の好みのスキンケア商品を見つけると良いでしょう。

・表情筋エクササイズ

毛穴がしずくの形のように縦に開いてしまう原因となるお肌のたるみ…。
見た目年齢も一気に老けてしまいますよね。
そんなときにおすすめのケアは、お肌のリフトアップに効果的な表情筋肉のエクササイズです。

簡単にできる表情筋肉エクササイズの方法が、「リ・フ・ト・ア・(ッ)・プ」と発音しながら行うトレーニングです。

  1. 唇を「り」の形に横に引いて、10秒間キープ
  2. 唇を「ふ」の形に突き出し、10秒間キープ
  3. 唇を「と」の形にすぼめ、顎を引いた状態で10秒間キープ
  4. 唇を「あ」の形に大きく開いて、10秒間キープ
  5. 唇を「ぷ」の形に前に突き出し、10秒間キープ

始める前と終わった後は、鏡を見て、目を大きく開き、口角を強く引いた笑顔を10秒間キープしましょう。

「毛穴肌」におすすめのスキンケア商品

SHISEIDO スキンケア パーフェクトオイル クレンジング

内容量180ml
価格3,850円(税込)
主な成分イソステアリン酸PEG-8グリセリル、エチルヘキサン酸セチル
使用方法1.手のひらにディスペンサー3プッシュ分を取ります。
2.指全体を使い顔全体に広げ、頬や額などの広い部分から始め、螺旋を描きながら顔のすみずみまで馴染ませます。
3.小鼻の脇などの細かい部分は、指先でていねいに馴染ませます。
4.水またはぬるま湯ですすぎ残しのないように洗い流します。

毛穴の奥にまで、素早く入り込んでしっかりと綺麗に汚れを取り除いてくれる、使い心地の良いクレンジングオイルです。

濡れた手でも使えるので、場所を選ばずに使うことが出来ます。

エリクシール ルフレ バランシング ウォーター

内量量168ml
価格2,750円(税込)
主な成分DPG、グリセリン、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル
使用方法1.朝と晩の洗顔後に、コットンが透けるくらいたっぷり(500円玉大)とります。
2.頬や額などの広い部分から始め、顔の中心から外側に向かってコットンをフィットさせ、ゆっくりと顔のすみずみまで馴染ませます。
3.気になる毛穴部分を中心に、ひんやりするまでパッティングします。

スキンバランス処方で、皮脂と水分のバランスを保つ化粧水です。
潤いはたっぷりなのに、表面はべたつかず、毛穴を目立たせず「つや玉」のあるお肌へと導いてくれます。

SHISEIDO公式オンライン

「乾燥肌」対策・おすすめのスキンケア法


ターンオーバーの乱れや紫外線、間違ったスキンケア法によって引き起こされる「乾燥肌」はどのようにケアすれば良いのでしょうか?

・十分な睡眠とバランスの取れた食事

まず、ターンオーバーの乱れを正すため、生活習慣の見直しを行ってみましょう。
ターンオーバーは睡眠中に促されるので、夜更かしをしない、毎日決まった時間に寝るなど、十分な睡眠をとるようにします。

そして次に意識したいのが栄養バランスの取れた食事です。
肌やお肌を作るのに欠かせないタンパク質を基本に、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれる野菜など、偏りなく摂取することが大切です。

特に、次にあげるビタミン類は、健やかなお肌を育てることを助けてくれるので、日々の食生活で取り入れてみると良いですよ。

  • ビタミンA-皮膚粘膜を正常に…にんじん、海藻類、卵
  • ビタミンC-コラーゲンの生成…キウイ、イチゴ、赤ピーマン
  • ビタミンB6-肌の保護…鶏肉、レバー、魚介類
  • ビタミンE-抗酸化作用…ほうれん草、サツマイモ、大豆製品

・紫外線対策

日焼け止めや帽子、日傘などでお肌を守るといった毎日の紫外線対策も「乾燥肌」対策にはとっても重要です。
ちょっとしたお買い物などに出掛ける際にも、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をするように心がけましょう。

日焼け止めの効果を表す数値(紫外線B波(UV-B)を防ぐSPF、紫外線A波(UV-A)を防ぐPA)は、高ければ高いほど強力になるので、シーン別に日焼け止めを使い分けるのも良いですね。

・正しいスキンケア法

「乾燥肌」でお悩みの場合、入浴や洗顔などのスキンケア時に、ゴシゴシとこすりすぎないという事をまず意識しましょう。

また、お肌にとって必要な皮脂を洗い流さないためにも、入浴の際は40度を超えないくらいの温度が適温です。

そして、乾燥からお肌を守るために、お肌にたっぷりと潤いを与えてくれる保湿力が高く、バリア機能を高める効果を持つ化粧水や乳液でケアすることも大切です。

乾燥がひどい場合は、ナイトクリームやパックなどのスペシャルケアも積極的に取り入れると良いでしょう。

「乾燥肌」におすすめのスキンケア商品

イプサ ザ・タイムR アクア

内容量200ml
価格4,400円(税込)
主な成分トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
使用方法1.朝と晩の洗顔後、500円玉大よりやや大きめに、たっぷりとコットンまたは手のひらに取る。
2.お顔全体に丁寧に馴染ませます。

イプサ独自の保湿成分が配合されていて、お肌の潤いを留まらせて逃がさず、潤いで満ちたお肌が持続します。
キメを整え、みずみずしく潤ったお肌に導いてくれる薬用化粧水です。

ルルルンワンナイト レスキュー保湿

内容量1枚入/10枚セット
価格220円(税込)/2,200円(税込)
主な成分グリセリン、プロパンジオール
使用方法1.夜の洗顔後、普段のお手入れ前に、マスクを広げお肌に密着させるように貼ります。
2.10~15分間そのままで待ちます。
3.残った液は首回りやデコルテなど全身に塗り広げ、マスクを外します。

35mLもの美容液をたっぷりと配合した夜用シートマスクです。

即効性重視の濃密美容成分がとことん保湿し、寝ている間にお肌にアプローチしてくれます。
洗顔後、普段のお手入れ前に10~15分ほど張るだけのお手軽さです。

「混合肌」対策・おすすめのスキンケア法

ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、紫外線・冷暖房の刺激などが原因で起こりやすい「混合肌」にはどのような対策が有効なのでしょうか?

・和食中心の食生活と良質な睡眠

食事は、洋食に比べて脂質が少なく、副菜で野菜もバランスよく摂れることから、一汁三菜の和食がおすすめです。

また、ホルモンバランスの乱れを防ぐためにも、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。
なるべく毎日同じ時間に起床すること、短時間でもぐっすりと深い眠りにつくことを意識すると、体内時計が整い、ホルモンバランスの乱れ防止につながります。

・紫外線対策と湿度管理

1年を通して、紫外線が降り注いでいない日というのは無いため、日焼け止めなどの紫外線対策は毎日行うようにしましょう。

また、室内で過ごすことの多い方は、冷暖房の刺激を常に受けているので、加湿器を利用して湿度を保つことを意識し、直接お肌に風が当たらないように注意してみてください。

「混合肌」におすすめのスキンケア商品

125

内容量125ml
価格3,740円(税込)
主な成分トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
使用方法1.朝と晩の洗顔後にディスペンサー2プッシュ分を手のひらに取ります。
2.円を描きながら手のひら全体に広げ、頬や額など広い部分から始め顔の中心から外側に向かってゆっくりと馴染ませます。
3.肌を強くこすらないよう、手のひらで肌を優しく押さえるように馴染ませます。

べたつくし、かさつくというアンバランスなお肌のための化粧水です。

角層深部まで浸透し、うるおいを与えてきめを整え、毛穴の目立たないなめらかなお肌へと導きます。

肌荒れの種類別対策で健やかな美肌を育みましょう

この記事では、多くの女性たちが悩まされている「肌荒れ」の種類と、タイプ別の原因・対策・スキンケア法についてお届けしてきましたが、少しでもお悩みは解決されましたか?

  • 自分の肌荒れの種類を把握する
  • 肌荒れが起きる原因を知る
  • 正しい対策と自分に合ったスキンケアを選ぶ

以上のことを意識して、憧れのみずみずしく潤いのある健やかな美肌を目指してくださいね。

関連記事