シャンプーの種類を詳しく解説!お悩み別にオススメのシャンプーもご紹介します

9 min 20 views

数え切れないほど様々なシャンプーが売られている中、皆さんは何を基準に選んでいますか?

選び方を間違えると、汚れを落としているはずのシャンプーが「痒み」や「フケ」の原因になってしまう可能性もあります。

ブランドやキャッチコピーで選ぶのではなく、自分の頭皮や髪質の状態に合ったシャンプーの種類を使うことが大切です。

今回は「シャンプーにはどのような種類があるのか」・「お悩み別シャンプー選びのポイントなどを詳しく解説しますので、シャンプー選びの際にお役立てください!

正しいシャンプー選びをすることで、髪トラブルの改善が期待できますよ。

そもそもシャンプーの役割とは?

シャンプーやトリートメント

髪のケアの工程はシャンプーから始まりトリートメントまで様々なヘアケアがありますが、中でもシャンプーはどのような役割に値するのかをお伝えします。

シャンプーの一番の目的は洗髪です。頭皮から出る皮脂や、日中かいた汗、汚れやホコリを洗い落とし清潔に保つという役割があります。

しかし洗浄力が強すぎると頭皮に必要な水分や皮脂まで取りすぎてしまい、頭皮トラブルに繋がってしまいます。

同じシャンプーでも配合されている成分で髪や頭皮の状態は大きく変わってしまうため、自分に合ったシャンプー選びが大切となります。

シャンプーの種類は大きく分けて3つ

様々な種類のシャンプー

シャンプーには大きく分けて3つの種類があり、それぞれ特徴や役割も異なります。

  • アミノ酸系シャンプー
  • アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー

自分の髪にはどの種類が合いそうか確認してみましょう。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤という比較的地肌に優しい洗浄成分を使用しているものを指します。

一番の特徴は、頭皮や地肌と同じ弱酸性であることです。

低刺激で地肌へのダメージが少頭皮を健やかに保ち洗い上がりも潤いがあるので大変人気のあるシャンプーです。

人気が高いのでたくさんのアミノ酸系シャンプーが販売されていますが、ひとつ注意点があります。

アミノ酸系洗浄成分が少しでも含まれていれば、アミノ酸系シャンプーと言えてしまう為、成分がしっかり配合されているか見極めるということが必要です。

化粧品の成分表は「成分を配合量の多い順で記載する」と医薬品医療機器等法で定められています。

そのため、アミノ酸系洗浄成分が主要な成分として3番目くらいまでには記載されているか、ボトルの裏面にある成分表をチェックしてみましょう!

《アミノ酸系洗浄成分》
・ココイルグルタミン酸
・ココイルグリシン
・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルアラニンNa
・アスパラギン酸 など

アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
・素肌と同じ弱酸性で低刺激
・使うほどに髪質を改善
・髪の保湿もしてくれる

デメリット
・他のシャンプーと比べて高価
・洗浄力が弱いのでワックスなど使用時は2度洗いが必要な場合もある

アルコール系シャンプー

アルコール系シャンプーは、最も多く販売されている一般的なシャンプーです。弱アルカリ性のものが多いですが、中には弱酸性のシャンプーも存在します。

洗浄力脱脂力が強く泡立ちも良いので洗い上がりもさっぱりしますが、その分刺激が強いので、頭皮環境を整えたい方や刺激に弱い方にはおすすめできません。

洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥することでフケやかゆみが出てしまったり、髪がパサついたりすることがあります。

アルコール系シャンプーの多くに化学的物質であるシリコンが配合されていますが、体には無害な成分とされているので、通常の頭皮状態の方が使用するのに問題はありません。

強いワックスなどの整髪料を使用している時や、脂性の人にはおすすめできるシャンプーです。

《アルコール系洗浄成分》
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸アンモニウム など

アルコール系シャンプーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
・洗い上がりがすっきり爽快
・コスパが良い
・しっかり泡立つ
・頭皮の脂も整髪料もしっかり洗い流す

デメリット
・頭皮が乾燥する
・刺激が強く肌の弱い人は頭皮トラブルに繋がる

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーはその名の通り石鹸からできているシャンプーです。

液体と固形の物がありますが、どちらも天然由来の洗浄成分で作られた弱アルカリ性のシャンプーとなります。

ほとんどの石けん系シャンプーはシリコン無配合なので、天然のものにこだわるナチュラル思考の人におすすめのシャンプーです。

無添加な分、洗い上がりの髪がきしむという点が気になりますが、地肌につけないトリートメントなどで補うと良いでしょう。

アルコール系シャンプーほどではないですが、洗浄力と脱脂力がほどほどにあるので肌の弱い方には合わない場合があります。

また、石鹸カスが残りやすくかゆみやフケの原因となるのでよくすすぎ流す必要があります。

《石けん系洗浄成分》
・カリ石けん素地
・純石けん分
・脂肪酸カリウム など

石けん系シャンプーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
・添加物が少なく肌に優しい成分でできている
・汚れや脂がしっかり落ちる

デメリット
・髪がきしむ
・しっかり流さないと石鹸カスが残りやすい

シャンプー選びのポイント

シャンプーとリンス

シャンプー選びで重要なポイントをお伝えします。

  • 自分の頭皮の状態に合わせて選ぶ
  • 髪悩みに合った商品を選ぶ
  • 肌が弱い人は強い成分を避ける

香りやパッケージの可愛さ、イメージモデルなどに惑わされずに、成分重視でシャンプーを探してみましょう。

季節や体調によって髪に合わない場合もあるので、その時々で使い分けるというのもおすすめです。

シャンプー選びの際に、重視すべき順番!

  1. 頭皮や地肌の状態
  2. 髪質や髪の状態(パサつき、猫っ毛、くせ毛、カラーを繰り返ししている)

まずは頭皮や地肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。

カラー持ちが良いシャンプーだけど、頭皮にかゆみを感じるなどがあれば、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

肌が比較的強く、かゆみや乾燥が気にならない方は、どのような髪になりたいか髪質に合わせてシャンプーを選ぶと良いでしょう。

シャンプー選びの際に注意したい成分

お肌の弱い人が特に注意した方が良い成分は、強い洗浄力を持つ成分や着色料、防腐剤です。

注意したい成分
・ラウリル硫酸Na(強い洗浄成分)
・ラウレス硫酸Na(強い洗浄成分)
・ラウレス硫酸TEA(強い洗浄成分)
・スルホン酸(強い洗浄成分)
・メチルイソチアゾリノン液(防腐剤)
・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル(防腐剤)
・メチルクロロイソチアゾリノン液(防腐剤)
・黄203(着色料)

お悩み別のシャンプーの種類をご紹介

髪の綺麗な女性

自分に合わないシャンプーの種類を使い続けてしまうと、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことになります。

その時の自分の髪の状態や、お悩みからシャンプを選ぶということが大切です。

今回は、下記のようなお悩みタイプ別おすすめの商品もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

  • とにかくしっとり保湿したい
  • 頭皮のベタつきが気になる
  • 皮膚が弱くフケやかゆみがある
  • 育毛や抜け毛予防をしたい

それではそれぞれに合うシャンプーの種類と商品を見ていきましょう。

とにかくしっとり保湿したい

保湿が必要という場合は、髪が乾燥してパサついている状態となります。

その場合は、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。お肌や髪と同じ弱酸性のアミノ酸系シャンプーは、頭皮状態を整えながら髪質改善が期待できます。

さらにプラスして保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶことでより一層、しっとりサラサラの髪に導いてくれます。

しっとりした仕上がりを求める方におすすめの、アミノ酸系シャンプーをご紹介します。

おすすめシャンプー|ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

シャンプー

公式サイト:ボタニスト
価格:1,540円(税込)
容量:490g

約30万種の植物から厳選された植物由来成分を配合し、自然にしっとりまとまるアミノ酸系シャンプーです。

さとうきび、甘草、ダイズなど天然成分の力で頭皮や髪を健やかに整え、3種類の潤い成分セラミド、ナノヒアルロン酸、ダイズ由来脂質が髪のダメージを補い潤いのあるまとまった髪に仕上げます。

同様に植物由来成分を配合した同シリーズのトリートメントと合わせて使うとよりしっとりまとまるツヤ髪が叶います。

ボタニストはお悩みごとに合わせたシリーズが展開されているので、シャンプー選びの際はぜひチェックするべきブランドです。

おすすめポイント
・植物由来の天然成分を多く配合
・バラペン、シリコンフリー
・合成着色料不使用
・爽やかなアロマの香り

おすすめシャンプー|第一三共ヘルスケア ミノン 薬用ヘアシャンプーしっとりタイプ

シャンプー

公式サイト:第一三共ヘルスケア
価格:610円(税込)
容量:120ml

敏感肌向けの肌に優しいイメージのミノンから発売されている、医療部外品の植物性アミノ酸系シャンプーをご紹介します。

(医療部外品とは、厚生労働省から効果効能を認められた有効成分を配合している化粧品。)

植物性のアミノ酸はお肌のバリア機能を守りつつ、汚れはしっかり落としてくれる「洗う保湿ケア」が可能です。

しっとりタイプの洗い上がりは頭皮はすっきりするのに髪はしっとりなめらか!敏感肌や乾燥肌の人でも使いやすく、フケやかゆみが気になる方にもおすすめです。

子供にも安心してお使いいただけるので、家族全員で使用することができます!

おすすめポイント
・医療部外品
・植物性のアミノ酸を使用
・界面活性剤不使用
・お肌と同じ弱酸性

頭皮のベタつきが気になる

頭皮の皮脂が多くべたつきが気になる方は、さっぱり洗い上げてくれる石けん系シャンプーがおすすめです。

またシャンプーの仕方にも注意してみてください。しっかり洗うのはもちろんですが、その際に頭皮を傷つけたりダメージを与えてしまうと余計に皮脂が気になってしまいます。

頭皮を洗う際には絶対にゴシゴシ洗わずに優しくマッサージするように洗いましょう。毛穴の奥の汚れを浮かし出すように丁寧に洗うことが大切です。

頭皮のベタつきが気になる方におすすめの、石けん系シャンプーをご紹介します。

おすすめシャンプー|スカルプケアソープ サボンモーヴ

シャンプー

公式サイト:P.G.C.G
価格:2,960円(税込)(初回のみ)
容量:45g

スカルプケアソープ サボンモーヴは固形タイプの石けん系シャンプーで、フランスのコスメ大賞を受賞している実力派シャンプーです。

頭皮のべたつきはもちろん、髪のコシやハリの悩みのある方にもおすすめです。

海藻エキスが頭皮のコンディションを整え、レッドクレイ(粘土・泥)が頭皮の汚れや皮脂ををしっかり吸着することでベタつきを抑えてくれます。

また有効成分グリチルリチン酸ジカリウムがフケやかゆみを防ぎつつ、アルガンオイルも配合しているので保湿効果もバッチリです。

トリートメントが不要なのに、洗い上がりはきちんろ潤いがあるまとまっと仕上がりという点もポイントです。

おすすめポイント
・ 世界で人気の実力派シャンプー
・海藻エキスたっぷり
・オイル配合で保湿効果
・トリートメント不要

おすすめシャンプー|P&G h&s地肌ケアシャンプー

シャンプー

公式サイト:P&G
価格:698円(税込)
容量:370ml

P&Gが発売しているh&s地肌ケアシャンプーは地肌ケアに特化した医療部外品のシャンプーです。

(医療部外品とは、厚生労働省から効果効能を認められた有効成分を配合している化粧品。)

h&s独自のミクロ成分である「深海ミネラル」が、毛穴の奥までしっかり浸透し汚れやベタつきをすっきり洗い流してくれます。

深海ミネラルとは、深海に含まれるミネラルと同成分配合したクレンジング成分です。

天然ミントエキスとハーブを配合しているので、洗い上がりはすーっとして気分も爽快、さっぱりします。

おすすめポイント
・医療部外品
・ミクロ成分が毛穴の奥まで浸透
・ハーブ配合で洗い上がりすっきり

皮膚が弱くフケやかゆみがある

敏感肌や、頭皮が弱っている人は低刺激のアミノ酸系シャンプーがぴったりです。

アミノ酸系シャンプーの中でも特に刺激が少ないタイプのシャンプーを選びましょう

通年敏感肌でなくても頭皮の状態が悪いと感じた時には、敏感肌の人向けのシャンプーに変えてみるのも良いでしょう。

しかしシャンプーを変えてみても改善しない場合は、早めに皮膚科に行くことをおすすめします。

皮膚が弱くフケやかゆみにお悩みの方におすすめの、低刺激のアミノ酸系シャンプーをご紹介します。

おすすめシャンプー|キュレル シャンプー

シャンプー

公式サイト:キュレル
価格:1,100円(税込)
容量:420g

乾燥性敏感肌の人向けの化粧品ブランド、キュレルから発売されている医療部外品のシャンプーです。

(医療部外品とは、厚生労働省から効果効能を認められた有効成分を配合している化粧品を指します。)

弱酸性であり、無香料、無着色で赤ちゃんにも使えるほどお肌に優しい使い心地です。洗い上がりもしっとりするのでカサつきません。

さらに、植物由来の消炎剤(有効成分)でフケやかゆみを防いでくれるので頭皮トラブルにお悩みの方におすすめのシャンプーです。

肌の潤い成分であるセラミドの流出を抑え、頭皮の状態を健やかに保ち乾燥から守ってくれます。

おすすめポイント
・医療部外品
・弱酸性、無香料、無着色
・植物由来の炎症剤配合
・赤ちゃんでも使用可能

おすすめシャンプー|ロート メディクイックH頭皮のメディカルシャンプー

シャンプー

公式サイト:ロート
価格:936円(税込)
容量:200ml

メディクイックH頭皮のメディカルシャンプーはロート製薬から発売されている、フケかゆみに特化した医療部外品のアミノ酸系シャンプーです。

(医療部外品とは、厚生労働省から効果効能を認められた有効成分を配合している化粧品を指します。)

フケやかゆみの原因となる菌の増殖を抑える抗真菌成分を配合しているので現在進行中のかゆみも、予防としても使用できます。

また、炎症を抑えてくれる抗炎症成分も配合されているのでつい掻きむしってしまい炎症してしまった頭皮も優しく鎮めてくれます。

保湿成分もしっかり入っているので、トリートメンをしなくてもしっとりまとまります。

おすすめポイント
・医療部外品
・原因菌の増殖を抑える抗真菌成分配合
・ノンシリコン処方
・無着色
・トリートメント不要

育毛や抜け毛予防をしたい

育毛を目的としている場合には、スカルプケアに特化したアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

抜け毛を防止するためには頭皮環境を整えるということが先決となります。

頭皮の事を考えると刺激となる成分が少ないことはもちろん、髪を育てるために保湿や栄養成分も不可欠です。

育毛や抜け毛予防がしたい方におすすめの、アミノ酸系シャンプーをご紹介します。

おすすめシャンプー|haru kurokami スカルプ

シャンプー

公式サイト:haru
価格:3,168円(初回のみ)
容量:400ml

haru kurokami スカルプはエイジングケアに特化したシャンプーで、じわじわと人気を集めています。

髪や頭皮の負担となるシリコンや合成ポリーマー、着色料や保存料などの添加物は一切不使用のオーガニックシャンプーです。

ボリュームアップ成分としてキャピキシル(頭皮サイクルに働きかける成分)や、ソメイヨシノ葉エキス(ハリ・コシを与える)を配合しています。

さらに紫外線から髪を守り、日中のダメージも防いでくれるので一日中まとまりのある美髪を持続してくれます。

リンスやトリートメントは不要のシャンプーという点も人気の秘訣です。

おすすめポイント
・添加物を一切不使用
・頭皮サイクルに直接働きかける
・トリートメント不要

おすすめシャンプー|富士フィルム アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー

シャンプー

公式サイト:富士フィルム
価格:2,200円(税込)
容量:360ml

富士フィルムの人気化粧品ブラントであるアスタリフトから発売されている、スカルプフォーカス シャンプーです。

アスタリフトはアスタキサンチンという赤い美容成分が特徴の化粧品ブラントです。アスタキサンチンはサケやエビなどに多く含まれる赤い天然色素の美容成分で、お肌に潤いを与えてくれます。

その美容成分アスタキサンチンが配合されているのはもちろんのこと、アスタリフト独自技術でナノ化したセラミド(うるおい成分)もたっぷり含まれた育毛シャンプーです。

ナノ化したセラミドが髪内部や頭皮まで浸透するので、歳を重ねるごとに失われてしまうセラミドをしっかり補い髪1本1本のハリ・コシを蘇らせてくれます。

おすすめポイント
・独自成分「ヒト型ナノヘアセラミド」配合
・ノンシリコン
・華やかなダマスクローズの香り

正しいシャンプーの仕方

シャワー

シャンプー選びのコツがわかったところで、最後に正しいシャンプーの仕方をお伝えしていきます。

まずはじめに、シャンプーをするタイミングは夜寝る前に洗い流すのがベストです。

寝ている間は思っている以上に汗をかき、汗と頭皮の汚れ、脂が混じり合い酸化してしまいます。寝る前に汚れと皮脂をしっかり流しておくことで頭皮状態が清潔に保たれます。

【基本編】シャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方
  1. 髪を軽くとかして絡まりをとく。
  2. お湯で十分に洗う。(シャンプー前のお湯ですすぐ作業が一番重要です。汚れの大半はこの予洗いで落ちます)
  3. シャンプーを適量取り、手でさっと泡立てる。(髪で泡立てない)
  4. 頭皮を優しくマッサージするように洗う。(指の腹を使って、絶対に爪をたてない)
  5. シャンプーをしっかり十分すぎるほど洗い流す。
  6. タオルでしっかり水分を拭き取ってからドライヤーで乾かす

シャンプーする際の注意点

注意喚起のイラスト

洗い流す温度

お湯の温度は熱すぎないぬるめの温度に!高い温度のお湯は頭皮や髪、お肌にダメージを与えるので人肌程度のお湯が適温です。

シャンプーのすすぎ残し

すすぎ残しがあり、シャンプーや汚れが残ってしまうと毛穴のつまりやフケ、皮脂の過剰分泌に繋がりますので丁寧にしっかり洗い流しましょう。

今日からシャンプーの仕方を見直そう!

子供の頃から当たり前のように使っていたシャンプーですが、正しい手順で行えている方は少ないのではないでしょうか?

洗い方を変えるだけで、頭皮の健康状態も改善が期待できます。

何事も毎日の積み重ねが大切なので、今日からは正しいシャンプーの仕方を意識してみてください!

自分に合ったシャンプーの種類選びが大切

髪の綺麗な女性

シャンプーは毎日使用し地肌に直接触れるものなので、自分の頭皮や髪の状態に合わせて選ぶことが重要です。

肌に優しいシャンプーは香りやツヤが物足りないという方は、頭皮に直接触れない洗い流さないトリートメントなどで補うのがおすすめです。

自分の髪と相性の良いシャンプーと正しい洗髪の仕方を取り入れて、いつまでも健やかな頭皮と髪を保ちましょう!

関連記事