白く輝く歯に!ホワイトニング歯磨き粉おすすめ10選|黄ばみや着色の原因も解説します

11 min 17 views

歯の黄ばみがある方はつい自分の歯が気になってしまい、

  • 思いっきり笑えない
  • 笑う際に手で口元を隠してしまう

などの悩みを抱えている人も多いでしょう。

そんなお悩みのある方必見!ホワイトニング歯磨き粉おすすめ10選をご紹介します。有効成分が配合された医療部外品のものを中心に厳選しました。

歯の着色や黄ばみの原因についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。輝く白い歯で笑顔に自信をつけましょう!

歯の黄ばみ・着色の原因

歯ブラシ

まずは歯はなぜ黄ばんでしまうのか、その原因や理由を確認してみましょう。

歯の黄ばみや着色の原因は大きく分けて3つあります。

飲み物・食べ物の色が付着
加齢による黄ばみ
生まれ持った歯の色

理由を知ることで対策できる部分もあるので、黄ばみの原因をしっかり把握した上でホワイトニング歯磨き粉選びをするのがおすすめです。

自分の歯の黄ばみは何が原因なのかを見極め、自分に合った歯磨き粉を試してみましょう。

飲み物・食べ物の色が付着

歯の変色の大部分の原因は、食べ物や飲み物による着色汚れです。

特に色素が付着しやすい食べ物は下記の通りです。

  • ワイン
  • コーヒー
  • 紅茶
  • トマトソース・ミートソース
  • カレー

またタバコを吸う方はタバコのヤニが、歯の黄ばみに強く影響を与えます

着色汚れを落とす効果のあるホワイトニング歯磨き粉を使い続けることで、歯を本来の白さに戻すことが可能です。

加齢による黄ばみ

年齢を重ねるにつれ、歯の黄ばみが加速していきます。その原因は、歯の周りを覆っている半透明のエナメル質が長い年月をかけて少しづつ削れてしまうからです。

すると、歯の中側に存在している黄色の象牙質が透けて見えてくるため、歯が黄色く見えるのです。

そういった加齢による黄ばみは、歯磨き粉では解決することができません。

加齢による歯の黄ばみのホワイトニングを行いたい場合は、歯医者さんに相談してみるのが良いでしょう。

生まれ持った歯の色

人は生まれ持った歯の色がそれぞれ違います。肌の色や髪、瞳の色が違うように歯の色にも違いがあるのです。

自宅で歯磨き粉を使って出来るホワイトニングは、元の歯の色より白くすることはできません

元の歯が黄ばんでいて気になる方は、歯科で行うホワイトニングをおすすめします。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉とは?

歯の白い女性

次にホワイトニング効果のある歯磨き粉を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。

歯の着色や汚れを落とす効果のある、有効成分が配合されている医療部外品ものを選ぶことでより高い効果が期待できます。

そもそも医療部外品とは何か?

医療部外品とは、厚生労働省から一定の効果効能を認められた商品です。

「美白効果がある」「ニキビを防ぐ」「育毛を促す」など限定された効能のみ、有効成分として効果をうたうことができます。

つまり、医療品もしくは医療部外品と認められていない商品に有効成分とは記載することができません。

有効性は 化粧品 < 医療部外品 < 医薬品 といったイメージになります。

医療部外品でないと効果がないということではありませんが、より信ぴょう性のある効果を求めるのであれば医療部外品の歯磨きがおすすめです。

ホワイトニングに有効な成分は大きく分けて2つのカテゴリーに分けられます。

役割有効成分
ステイン(歯の着色)を除去ポリリン酸ナトリウム
・PVP(ポリビニルピロリドン)
・PEG(マクロゴール)
・シリカ
汚れの定着から守るポリリン酸ナトリウム
・ハイドロキシアパタイト

では有効成分ではない成分は意味がないの?と思われがちですが、そんなことはありません。

良い成分でも実際に有効成分と認められるまでに数年かかります。そのため、効果があるものでも今の時点では有効成分と認められていない成分が多く存在するのです。

有効成分ではないけれど、ホワイトニング効果が期待できる成分もお伝えしておきますね!

《有効成分以外のおすすめホワイトニング成分》
・スルホコハク酸2Na液(ステインを除去)
・アルミナ(ステインを除去)
・炭酸水素ナトリウム(ステインを除去)

ステイン(歯の着色)を除去

まずは、すでに着いてしまった着色を落とすことに有効な「ステイン(歯の着色)を除去」する効果のある成分が含まれていることが大切です。

タバコを吸う方や、普段からコーヒーやワインなど着色がつきやす飲み物や食事をする方は、ステイン除去成分が多く配合されている歯磨き粉がおすすめです。

ポリリン酸ナトリウムは特に有効な成分で、ステイン除去効果に加えて汚れの定着から守る効果も持っています。

ホワイトニング歯磨き粉を購入する際にはぜひ確認してみてください!

汚れの定着から守る

つぎに、歯に色が着いてしまうのを防ぐ予防効果が期待できる「汚れの定着から守る」ことができる有効成分も重要となります。

日々の汚れが積み重なりどんどんと歯が黄ばんでします。毎日のケアで汚れから守るという事もとても大切です。

特におすすめの有効成分は、ステイン除去効果もあるポリリン酸ナトリウムや、ハイドロキシアパタイトです。

ハイドロキシアパタイトは歯の表面の細かな傷や凸凹をなめらかに整えてくれる役割もしてくれます。

ホワイトニング歯磨き粉おすすめ10選

歯磨きをする女性

先ほど紹介した医療部外品の有効成分を含む、ホワイトニング歯磨き粉おすすめ10選をご紹介していきます。

値段や特徴、オススメポイントをまとめてお伝えしますので、ホワイトニング歯磨き粉選びに迷っている方はぜひ参考にしてください!

※一回あたりの金額は、医療部外品歯磨き粉の目安使用量である1グラムを参照して算出しています。

サンギ|アパガード プレミオ

歯磨き粉

公式サイト:サンギ
価格:1,628円(税込)
内容量:
100g
1回あたりの金額:16.3円

サンギのアパガード プレミオは、ホワイトニングだけでなく虫歯・歯肉炎の予防もできる歯磨き粉です。

歯の汚れが定着するのを防ぐ、有効成分のハイドロキシアパタイトが高配合されています。

この高配合のハイドロキシアパタイトは汚れを除去するだけでなく、歯の表面のミクロの傷を充てんしエナメル質を整える効果も期待できます。

さらに薬用成分であるPEG(マクロゴール)がしっかりと汚れを吸着・除去し、着色汚れを落としてくれます。

ちょっとお試ししてみたいという方には、50gで913円(税込)の小さいサイズもあるのでおすすめです。

《オススメポイント》
・医療部外品
・ハイドロキシアパタイトが高配合
・虫歯・歯肉炎予防もできる

サンスター|オーラツー プレミアム ステインクリア

歯磨き粉

公式サイト:サンスター
価格:440円(税込)
内容量:
100g
1回あたりの金額:4.4

ドラッグストアで簡単に手に入り知名度もある、オーラツーシリーズのプレミアム ステインクリアの紹介です。

シャイニーホワイト成分と記載されている酸化Alは、粒子が細かく隅々までしっかりと磨きあげて着色汚れを落としてくれます

溶解剤として、ステインコントロール成分(スルホコハク酸2Na液)が配合されており、ステインを溶かして着色と汚れを除去します。

磨き心地は、粒が大きくしっかりしていてシャリっとした感触が強いので、よく口をすすがないと歯磨き後にジャリジャリが残ります。

また強めのミントフレーバー香りなので、爽やかで好きという人とキツくて苦手という人に別れそうです。

《オススメポイント》
・医療部外品
・ステインを落とす力が強い
・ビタミンE配合(歯ぐきの血行を促進)
・コスパが良い

コルゲート|ハイインパクト ホワイト

歯磨き粉

公式サイト:Amazon  楽天
価格:約4,000円(購入サイトによる)
内容量:
85g
1回あたりの金額:47円

コルゲートのハイインパクト ホワイトは、アメリカで大人気のホワイトニング歯磨き粉です。

ホワイトニングに強い効果がある過酸化水素水が、歯の汚れを落とし白く輝く歯へと導きます。

使用感は刺激と感じるほどの爽快感があるので、普段から刺激の少ない歯磨き粉を使用している方はびっくりされるかもしれません。

しかしその分しっかりとしたホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉です。パッケージには歯を4段階明るくしますと記載してあるほどですので、期待が高まりますね。

コルゲートの歯磨き粉はハイインパクトホワイト以外にもたくさんのシリーズがあり、赤いパッケージがどれも似ているので購入する際はご注意ください。

《オススメポイント》
・強いホワイトニング成分(過酸化水素水)配合
・歯磨き後の爽快感
・とにかく歯を白くする成分が欲しい人におすすめ

ウエルテック|コンクール クリーニングジェル

歯磨き粉

公式サイト:ウエルテック
価格:1,650円(税込)
内容量:
40g
1回あたりの金額:41

ウエルテックのコンクール クリーニングジェルは通常、歯科医院や病院で販売されてますが、Amazonや楽天などネットからも簡単に購入することが出来ます。

歯の表面を傷つけずに、歯の汚れや着色、歯垢をしっかり磨き落としてくれるジェルタイプの歯磨き粉です。

ヒドロキシアパタイトという、歯の表面の修復効果が期待できる成分も配合されています。

3つのホワイトニング成分が特徴
サンゴパウダー
⇨ 粒子の細かい研磨成分が汚れ落とす
高機能シリカ
⇨ 吸着して汚れを絡め取る
・ピロリン酸ナトリウム
⇨ 歯面への着色の付着を防ぐ

爽やかなグレープフルーツミント味でどなたでも使用しやすく、後味もすっきり!

汚れが目立つようになった時と感じた時、週1~2回程度の使用が推奨されています。

《オススメポイント》
・医療部外品
・週1〜2回使用でOK
・美味しいと好評のグレープフルーツミント味

薬用ホワイトニング歯磨きジェル しろえ

歯磨き粉

公式サイト:しろえ
価格:3,300円(税込)
内容量:
50g
1回あたりの金額:66

しろえは12種類の和漢植物エキスを配合した、歯に優しいホワイトニング歯磨き粉です。

合成界面活性剤や研磨剤、香料、着色料などの添加物が一切配合されていないので、天然成分にこだわる方におすすめです。

ホワイトニング成分としては、ポリリン酸ナトリウム・シリカ・アルミナ・PEG-8・炭酸水素ナトリウムの5つの成分が歯の着色をしっかり吸着して落とします。

また、しろえは発泡剤も不使用のため泡立ちません。少し刺激のあるピリピリした使用感ですが、磨き上がりは歯がツルツルになります。

《オススメポイント》
・医療部外品
・虫歯・歯肉炎予防もできる
・無添加で天然成分たっぷり

コントリビューション|アスプラッシュ トゥースペースト

歯磨き粉

公式サイト:コントリビューション
価格:2,178円(税込)
内容量:
100g
1回あたりの金額:22

コントリビューションのアスプラッシュ トゥースペーストは、消費者製品の品質を認定するモンドセレクションを2年連続受賞した歯磨き粉です。

ホワイトニングの有効成分PEG-8、ポリリン酸ナトリウムが配合されており着色汚れやタバコのヤニをしっかり絡めとります

また歯肉炎や歯周病の予防に役立つグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、ホワイトニングしながらその他のお口トラブルも防いでくれます。

パッケージも華やかなので洗面に置いてあるだけでも可愛いですね。フレイバーは、すっきりミント(ブルー)・ピーチミント(ピンク)・スーパーミント(ホワイト)の3つの中から選べます。

《オススメポイント》
・医療部外品
・歯肉炎・歯周病も予防
・パッケージが可愛い

ヤクルト|薬用アパコートS.E.ナノテクノロジー

歯磨き粉

公式サイト:ヤクルト
価格:2,200円(税込)
内容量:
120g
1回あたりの金額:18

薬用アパコートS.E.ナノテクノロジーは、乳酸菌飲料のヤクルトが作っている歯磨き粉です。

有効成分である薬用ハイドロキシアパタイトやPVPが、汚れや着色を落とし歯の表面にあるミクロの凹凸をなめらかに修復してくれます。

また、強い殺菌作用を持つイソプロピルメチルフェノールが、口内トラブルの原因菌を殺菌し虫歯や歯周病から守ってくれます。

他にはないヤクルトならではの乳酸菌研究から生まれた乳酸発酵エキス(ホエイ)が配合されている点もポイントです。肌や皮膚を健やかに保ってくれるので歯茎や口内環境を整えてくれます。

《オススメポイント》
・医療部外品
・薬用ハイドロキシアパタイト配合
・虫歯・歯周病予防もできる
・ヤクルト独自の乳酸発酵エキス配合

花王|クリアクリーン ホワイトニング

歯磨き粉

公式サイト:花王
価格:259円(税込)
内容量:
120g
1回あたりの金額:2

花王のクリアクリーン ホワイトニング歯磨き粉は、ピンクのパッケージのアップルカモミールと、緑のパッケージのクリアミントの2種類あります。

どちらも有効成分は同じですが、クリアミントの方が刺激のある使用感なのですっきりした爽快感が好きな方におすすめ。アップルカモミールは、ほのかなりんご風味でどなたでも使用できそうです。

有効成分PEGが着色汚れをしっかり溶かし、リンゴ酸が汚れが付着するのを防ぐので白い歯をキープ

さらに表面の汚れを落とすホワイトリセット顆粒が食事や飲み物だけでなく、タバコのヤニも磨き落とし本来の白い歯に導いてくれます。

フッ素も配合されているので、歯のコーディングをして虫歯が出来にくい環境に整えてくれます。

《オススメポイント》
・医療部外品
・コスパが良い
・虫歯予防もできる
・風味が選べる

第一三共ヘルスケア|シティース ホワイト プレミアム

歯磨き粉

公式サイト:第一三共ヘルスケア
価格:1,180円(税込)
内容量:
70g
1回あたりの金額:17

第一三共ヘルスケアの製薬会社から発売されているホワイトニング歯磨き粉。ホワイトニングに特化したシティースシリーズから、シティース史上一番の輝きへ導くホワイト プレミアのご紹介です。

有効成分であるポリリン酸ナトリウム・PEG・ポリビニルピロリドンが配合されており、歯の着色汚れを浮かして落とします。

他のシリーズとの違いは、歯のツヤを出すシャイニー成分「α-TCP配合」(光沢剤)と、セルフホワイトニングでもよく使われる「酸化チタン」(着色剤)が含まれている点です。

これらの成分が配合されていることにより歯本来の白さを取り戻し、使うたびに輝きをキープしてくれます。

ホワイト プレミアの風味は、ダブルミントとスイートバーブミントの2種類で、どちらも優しい爽快感です。

《オススメポイント》
・医療部外品
・シャイニー成分配合で歯にツヤも出る
・風味が選べる

アース製薬|シュミテクト トゥルーホワイト

歯磨き粉

公式サイト:シュミテクト
価格:712円(税込)
内容量:
80g
1回あたりの金額:9

シュミテクト トゥルーホワイトは、知覚過敏で歯がシミるのを防ぎながら、歯のホワイトニングもできる優れものです。

歯の表面を削る成分が入っている場合、知覚過敏の方は痛みを感じてしまいます。しかしシュミテクト トゥルーホワイトは、歯の研磨剤無配合なので知覚過敏の方でも安心です。

ポリリン酸ナトリウムによって歯垢や汚れを柔らかくしたあとに浮かせて落とすので、歯のダメージを抑えながらも輝く白い歯に導いてくれるのです。

さらに、高濃度フッ素配合 (1450ppm)により知覚過敏と虫歯の予防も同時に期待できるホワイトニング歯磨き粉です。

《オススメポイント》
・医療部外品
・知覚過敏の方でも使える
・歯の研磨剤無配合
・虫歯予防もできる

市販のホワイトニング歯磨き粉の効果は?

ホワイトニング歯磨き粉

「歯の黄ばみ・着色の原因」の項目でお伝えしたように、ホワイトニング歯磨き粉で改善できるのは飲み物・食べ物の色が付着している場合のみとなります。

毎日食後にホワイトニング歯磨き粉を使う事で、本来持つ白い歯に近づける事は可能ですが、目に見える劇的な変化は難しいです。

ホワイトニング歯磨き粉を使うメリット・デメリットをまとめました。

《メリット》
・低コストで続けやすい
・手軽に始めやすい
・ある程度の着色汚れは防げる

《デメリット》
・エナメルが削れる事がある
・目に見える効果は実感しにくい

市販のホワイトニング歯磨き粉の注意点

ホワイトニング歯磨き粉の中に含まれる、歯の表面の汚れを落とす研磨剤により、歯の表面を覆っているエナメルが削れてしまう事があります。

エナメルが削れて薄くなると、歯の中側に存在している黄色の象牙質が透けて見えてくるため、歯が黄色く見えてしまい逆効果です。

研磨剤とは歯磨き粉には清掃剤と書かれている事の多い下記成分を指します。

  • 炭酸カルシウム
  • シリカ
  • 無水ケイ酸 など

しかし清掃剤とされる成分が含まれていないホワイトニング歯磨き粉を探す方が大変です。なぜなら、研磨剤や清掃剤は、着色汚れはを落とすのになくてはならない成分だからです。

研磨剤を多く含むホワイトニング歯磨き粉を使用する場合は、必要以上に使用回数を増さないように注意しましょう。

市販のホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方

ホワイトニングに歯磨き粉の効果的な使い方をご紹介します。意外と知らない人が多いので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

  • 食後すぐに歯磨きする
  • 使用頻度を守る
  • 全ての歯に有効成分がいきわたるよう丁寧に磨く
  • 歯ブラシは水で濡らさない
  • ゆすぎは1回

◎食事後に時間を空けずに早めに歯磨きをすることで、歯の着色や汚れが長時間付着する事を防ぎます。虫歯予防のためにも食べたらすぐに歯磨きする事を意識してみてください。

◎エナメルが削れてしまうと逆効果となるので、使用頻度を守るということも大切です。

◎ホワイトニング歯磨き粉には有効成分がたくさん含まれています。その有効成分がしっかりいきわたるように、歯1本1本丁寧に磨きましょう。

◎歯ブラシに水をつけた方が泡立ちがよくなるので、ついやりがちですが実は不要な行動なのです。水をつけない方が、歯磨き粉の中の有効成分が歯にしっかり留まり、より効果を発揮します。

◎口の中に歯磨き粉の成分が残ると後味が気になるので、すっきりするまで数回ゆすぎたくなりますね。しかし有効成分が全て流れてしまうと意味がないので、ゆすぎは1回で十分と言われています。

ホワイトニング歯磨き粉より効果を実感できる方法

歯医者さんの椅子

早い段階で効果を実感したいという方は、クリニックのホワイトニングや、マウスピース型のホームホワイトニング、また日本の歯磨き粉より強い成分が使用されている海外のホワイトニング歯磨き粉の方がおすすめです。

もちろんそれぞれにメリット・デメリットが存在しますので、自分の目的や予算に合わせて選びましょう。

歯医者さん・クリニックのホワイトニング

歯医者さんやクリニックで行うホワイトニングが最も効果的です。

クリニックで行うホワイトニングとは、歯の表面に色素を分解する薬剤を付着させ、特殊な強い光を当てながら歯を白くしていきます。

価格はかなり高額になりますが、その分短時間で効果が実感できる方法です。

1回づつ受けられる所やコースで受け付けている所などがあり、価格はピンキリですが満足するまで通うとなると平均で10万〜30万円はかかります。

ホワイトニングの効果は半年ほど持続するので、本格的に白い歯を手に入れたい人はクリニックでのホワイトニングがおすすめです。

《メリット》
・目に見えて効果が実感できる
・効果が持続する
・短時間で歯が白くなる
・プロがムラなく綺麗にホワイトニングしてくれる

《デメリット》
・知覚過敏になり歯茎がしみることがある
・高額
・通い続ける必要がある

マウスピース型のホワイトニング

マウスピース型のホワイトニングとは、自分の歯型のマウスピースを使い自宅でホワイトニングを行う方法です。

マウスピース型に専用の薬剤を塗って、歯を漂白していきます。はじめは毎日使用し、歯の白さを実感してきたら徐々に使用する頻度を週2回、1回と減らして大丈夫です。

自分の歯型のマウスピースを作る際にお金がかかりますが、薬剤自体はそこまで高額ではないので初期費用だけがかかるイメージです。

マウスピース型を作るのに平均で2万〜5万円かかります。薬剤は濃度によりピンキリですが、1,000円〜4,000円で購入する事ができます。

《メリット》
・自宅で好きな時にできる
・効果が実感できる
・初期費用さえ払えれば、メンテナンス費用が抑えられる

《デメリット》
・知覚過敏になり歯茎がしみることがある
・歯の色にムラができることがある
・マウスピースの洗浄や薬剤の保管などお手入れが面倒

海外のホワイトニング歯磨き粉

海外で販売されている製品の中には、日本のホワイトニング歯磨き粉にはない成分が含まれています。

海外のホワイトニング歯磨き粉には、歯自体を白くする漂白剤のような役割をする、過酸化水素や過酸化尿素が含まれている事が多いです。

このような成分は日本の歯磨き粉には含まれていないため、海外のホワイトニング歯磨き粉の方が効果が実感できるのです。

しかし日本人の歯の性質は他国の人達よりも、エナメルが薄く弱いので使用方法を気をつける必要があります。

強力な効果を持つ過酸化水素や過酸化尿素が含まれる歯磨き粉を使う事で、エナメルが必要以上に削れて薄くなりやすいので注意してください。

使用頻度を週1回から始めるなど、自分で調整しながら使用しましょう。

《メリット》
・比較的低コストで続けやすい
・手軽に始めやすい
・ある程度歯の白さが実感できる

《デメリット》
・強力な研磨剤が含まれている場合がある(エナメルが削れる)
・クリニックと比べると白さに限界がある

国内の市販ホワイトニング歯磨き粉はこんな人におすすめ!

ホワイトニング歯磨き粉

歯医者さんやクリニックで行うホワイトニングが一番効果的ではありますが、まずはお手軽にお試し感覚でホワイトニングを試したいという方には国内の市販ホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

市販の歯磨き粉であれば、どんなに高くても1回100円以内でホワイトニングが行えます。

自宅の歯磨きで試してみて、やっぱりもっと歯を白くみせたいと思われた方は、海外の歯磨き粉やクリニックのホワイトニングに切り替えてみるのもいいですね。

《国内のホワイトニング歯磨き粉がおすすめの人》
・コスパ重視の人
・食後の一時的な着色だけが気になる人
・歯がしみるのに抵抗がある人
・自宅で手軽に試したい人

輝く白い歯で笑顔も明るく

歯の白い女性

歯が白く綺麗だと清潔感があり、顔の印象もアップします!さらに自然に笑顔に自信が持てて、思い切り笑うこともできそうですね!

ホワイトニング歯磨きを選ぶ際は、有効成分が含まれているかどうかを確認することがポイントということをお忘れなく。

自宅で簡単にできるホワイトニングで着色汚れを綺麗に落とし、笑顔が溢れる毎日を過ごしましょう。

関連記事